相続税 2017.10.04

死亡保険金の相続税は、遺産とはまた別に考えるとスムーズに分けられる

死亡保険と遺産は、非常に複雑な関係をしています。相続税などの税金と、法律がからむので、どちらも混同して考えられてしまう傾向があるのです。
民法上において、誰が相続を受けるか、そしてどんな財産が遺産として残されるか、法定相続分をどのようにわけるか、いかにして遺産を分割していくかなどの法律的な課題があります。さらに、相続税の問題があります。死亡保険金の相続税は、どうなっているのでしょうか。民法と税法を分けて考える必要があります。

記事ライター:nexy編集部

大切なのは、被相続人が契約者の死亡保険であること

たとえば、夫が契約した保険で、夫が亡くなったとします。

この場合、被相続人がイコール契約者です。それ以外は、保険金はすべて相続財産とはみなされません。なくなった人がお金を払っていなければ、それは相続財産ではないのです。

契約者=被相続人、の死亡保険が、相続税の対象となります。

契約者が亡くなってしまった場合、保険契約者のポジション、すなわち地位が相続の対象となります。保険を解約することによって、返戻金が発生します。その請求権が、相続の対象となるのです。生命保険契約に関する権利のことを言います。

一方で、契約者が被保険者でもある場合はどうでしょうか。その場合は、死亡することによって、保険の契約そのものが終わってしまいます。そのため、権利がないので、相続の財産の対象とみなされないのです。

つまり、たとえば、受取人が誰かに設定されている場合は、死亡保険金は相続財産ではありません。そして、受取人が相続人として指定されているのもの、相続財産ではありません。

ただし、受取人が被保険者本人になっているケースでは、相続財産になるのです。同様に、受取人が誰もいない、という場合もありますが、その場合も、死亡保険金を相続財産とみなすことになります。

民法において、相続財産として扱われるケースは2つのパターンです。それが、受取人が被保険者の場合。それから、指定されていない場合です。この場合は、相続税の対象となります。

 

死亡保険金が相続税かかるかどうかを確認すること

死亡保険金が相続税の対象となるかは複雑です。財産になるかどうかをチェックするのも複雑なのですが、そのまま課税対象資産になるとは限らないのです。

そして、死亡保険金は、課税対象財産になります。この場合、契約者が同時に被相続人である場合に限られます。ご本人様の保険の場合のみ、相続税の対象となるのです。

 

非課税の枠もあるから注意!

しかし、少々ややこしいのは、この相続税には非課税の枠もあるということです。

相続税の非課税枠は、500万円に法定相続人の数をかけたものが、死亡保険金の相続税における非課税枠となります。夫婦と子供2人で3000万円の死亡保険金をかけていた場合、3000-500*3=1500万円が、課税対象となり、1500万円が、非課税枠となります。

ただし、契約者が被相続人で、被保険者も被相続人、さらに受取人が相続人である場合だけです。この場合にのみ、相続税の非課税枠が適用されるので注意が必要です。

そして、相続人以外の人が死亡保険金の受取人になっていた場合には、非課税枠はないのです。

 

所得税、相続税、贈与税のどれ?

死亡保険金は、誰が保険の対象であったか、そして誰が保険料を負担していたか、受取人は誰かによっても、税の種類が異なります。パターンによって、所得税、相続税、贈与税にわけられるのです。

被保険者をAとし、保険料負担をBとした場合、受取人がBであれば、所得税の対象となります。

被保険者をAとし、保険料負担をAとした場合、受取人がBであれば、それは相続税の対象となります。

そして、被保険者をAとし、保険料の負担をBとし、受取人がCであれば、それは贈与税の対象となるのです。

被保険者と保険料を支払った人が同じ人物の場合、受取人に相続税が課税されます。

かといって、上述のように、支払人と受取人を変えれば課税されないというわけではなく、どの角度で受取人を設定しても、何らかの税はかかるのです。ですが、相続税という形にしたほうが、控除の枠が大きいので、おすすめという考え方もあります。

死亡保険金を年金型で受け取るタイプの場合は、初年度はすべて非課税、翌年度は課税部分がだんだん増えていきます。年金には所得税が課税されるのが原則となっていますので、税のことだけを考えると、一括で受け取ったほうが有利です。

関連記事

相続税

父の死後愛人の子が現れた!遺産相続はどうなる?

隠し子にも相続権はある?分かれ目は認知の有無 亡くなった人の隠し子の存在が、死亡後にわかることがあります。よくあるのが、相続手続きのために戸籍謄本を集めたときに、認知している子供がいたというケースです ...

2021/07/21

相続税

死亡直前の婚姻届。受理された時点て”意識不明でも有効?

相続する「配偶者」には内縁の妻・夫は含まれない 相続のとき、亡くなった人の配偶者は必ず遺産を相続できることはご存じの方が多いと思います。配偶者の法定相続分は最低でも2分の1。亡くなった人に妻がいれば、 ...

2021/07/07

相続税

夫婦への贈与で大幅節税が実現した事例

自宅を妻へ贈与して節税 人の財産のうちかなりの割合を占めるのが、不動産であり自宅であると言われています。 土地付き一戸建ての所有者が死亡して相続が発生すると、場所や広さによってはかなりの相続税負担とな ...

2021/06/23

相続税

相続税改正で何が変わった?

相続税改正で、基礎控除が大幅にダウン 今回の相続税改正によって、幾つかの運用が変更になりましたが、中でも最も影響が大きいのが「基礎控除の大幅ダウン」です。相続税は、すべての方に課税されるわけではなく、 ...

2017/10/02

相続税

相続税はいくらから課税されるのか

相続税がいくらからかかるかは、課税対象財産による 相続税の課税対象となるのは、課税対象財産です。そして、課税対象財産とは、相続財産から基礎控除額を引いた金額です。 基礎控除額の計算式は、以下の通りです ...

2017/10/02

相続税

みなし相続財産って何?

みなし相続財産は、相続税の課税対象 みなし相続財産は、厳密には相続や遺贈で取得しているものではありません。 ですが、相続税の課税にあたっては、相続財産とみなして相続税を課税することになっています。 な ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2021 AllRights Reserved.