相続放棄 2017.12.15

入居者が死亡。相続人が相続放棄したらアパートはどうなる?

債務や多額の借金などマイナスの財産が遺された場合には、相続人は相続放棄をすることが多いでしょう。中には、被相続人が持ち家ではなくアパートに入居している状態で死亡し、その相続人が相続放棄してしまうこともあります。

この場合、アパートの賃貸契約はどうなるのでしょうか?残された家財道具などの財産は、相続放棄した相続人が処分して良いのでしょうか?

本記事では、アパートなどの賃貸契約の相続放棄に関する疑問の答えを解説します。

記事ライター:棚田行政書士

アパートの賃貸契約の解除は大家さんの責任で行ってもらうことになる

相続放棄をした相続人は、被相続人の財産を一切相続していないことになります。つまり、被相続人のアパート貸借人としての立場も相続放棄しているのです。では相続放棄した相続人が、アパートの解約手続きを進めてしまって良いのでしょうか?

相続放棄したなら、アパートの解約をしてはなりません。もし相続放棄した相続人がアパートの解約をしてしまうと、相続放棄の事実が認められなくなり、単純承認した(相続することを認めた)ことになってしまうからです。

相続放棄した相続人にはアパートの解約に関して何の権利もありません。ですからアパートの大家さんが賃貸借契約解除を申し出てきても、相続放棄した相続人はそれを受けることができないのです。

被相続人のアパートの解約に関しては、相続放棄した相続人にできることは何一つないということになります。

ではアパートの大家さんはどうしたら良いのかと考えてしまいますが、こればかりは大家さんの責任で解決してもらうしかないのです。どのみち賃料を得られない部屋となった以上、大家さんがアパート内の残置物を処分して賃貸契約を解除するしか道はないことになるでしょう。

しかしながら、相続放棄した相続人にアパートの解約はできませんが、アパート内の残置物については相続放棄した相続人にもできることがあります。

それについては、次の項目で詳しく説明します。

 

相続放棄が否認されないために、アパート内の相続財産の扱いに注意

アパート内の残置物や家財道具を相続放棄した相続人が処分してしまうと、単純承認したものと見なされてしまい、相続放棄の事実は否定されてしまう恐れがあります。

しかしアパート内の残置物や家財道具は、相続放棄した相続人であっても「保存」することが可能とされています。

これに関しては、民法第921条で次のように定められています。

【民法第921条】

次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第602条(短期賃貸に関する法) に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。

このように、相続放棄した相続人が相続財産を保存する行為は単純承認とは見なされないのです。大家さんからアパートの残置物や家財道具の処分を求められた場合、ひとまずは荷物をすべて運び出して別の場所へ保存しておくことは可能と考えられます。

人一人分の荷物ですから、自宅に保管するスペースはない場合がほとんどでしょう。そのような場合は、トランクルームやレンタルコンテナなどを借りて保管するという方法もあります。

とりあえずこのような仕方で相続財産の保存はできますが、いずれは処分しなければならなくなるでしょう。その場合は、相続を承認した相続人に荷物を託すしか方法がないことになります。

相続を承認した相続人がいない状況でどうしても処分しなくてはならなくなった場合は、相続財産管理人を選任して財産を引き渡し、管理してもらうしか方法がありません。

ちなみに、明らかに交換価値のない財産について「形見分け」程度に処分する分には、単純承認したとはみなされないでしょう。明らかに交換価値のない財産とは、高価でなく使い古した衣類や食器、家具や壊れた調度品などです。

ただしくれぐれも、形見分けの範疇を超えない程度にとどめるよう注意する必要があります。

 

アパートの電気・ガス・水道の解約は、相続放棄した相続人が代行可能

相続放棄した相続人が被相続人のアパートの賃貸契約を解除することはできませんが、アパートの電気・ガス・水道といった契約については相続放棄した相続人が代行することができるとされています。

先に取り上げた民法第921条の「相続財産の処分」には該当しない行為とされているからです。

被相続人のアパートの賃貸契約解除は、相続放棄した相続人が行うことはできません。アパート内の残置物を運び出して保存することは可能ですが、処分してしまうと単純承認したものと見なされてしまいます。

これに対し、明らかに価値のない財産の形見分け、およびアパートの電気・ガス・水道の解約は、相続放棄した相続人が行うことができます。

相続放棄をする際には、単純承認とみなされる恐れがある行為を避ける必要がありますので、よく覚えておきましょう。

関連記事

相続放棄

兄弟の子が相続放棄をしたら、遺産相続はどうなる?

兄弟の子が相続放棄した後は、相続人になる人がいない 遺産相続の相続人には、法定の順位があります。一位が被相続人の子ども、二位は両親や祖父母などの直系尊属、三位が被相続人の兄弟姉妹です。三位より下の相続 ...

2018/04/24

相続放棄

相続において財産を放棄する場面と、その方法について

財産をもらわないことを認める「相続分の放棄」 遺産分割協議で財産の分け方を話し合う場合、財産はいらないということを「相続を放棄する」と表現する人がいますが、この表現は間違いです。 相続を放棄するという ...

2018/04/20

相続放棄

相続放棄できなくなる!「単純承認」とは?

相続することを認める「単純承認」 単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべてを無条件で受け継ぐことを認めることです。民法には「法定単純承認」という定めがあり、法定単純承認事由に該当する行為をし ...

2018/04/06

相続放棄

遺産放棄とは何か?

いつまで遺産放棄を決めるのか? まず大事な話になりますが、人が亡くなった時点で、その人が持っていた財産全ては、法定相続人全員の「共有財産」になります。「共有財産」ですから、誰かが勝手に使ったり、あるい ...

2017/10/03

相続放棄

遺産相続を放棄するとは何か?

遺産相続の意味は? 「遺産相続」という言葉を何気なく使っていますが、なぜ「遺産」を相続する必要があるのでしょうか?まず、この点から考えてみましょう。 日本の民法では、自分のものは自由に処分できるという ...

2017/10/03

相続放棄

遺産を放棄するための手続きはどのようなもの?自分でもできる?

遺産を放棄したいと考えたとき 家族が亡くなり、自分に遺産が残されたとします。ですが、負債が資産を上回っていて、その遺産を受け継ぎたくないと思うとき。 また亡くなった親族となんらかの人間関係上のこじれが ...

2017/10/03

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.