相続人・遺留分

「相続人・遺留分」に関する記事 18/82を表示

民法における相続人とは

民法における法定相続人とは 民法は、相続人になる権利があるのは誰かについて定めています。民法によって定められている相続人なので、法定相続人という呼び方をすることもあります。 民法によるところの法定相続 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.19

配偶者死亡の場合、誰が相続人になるのか

配偶者死亡、子ども有りの場合 配偶者死亡の場合でも、子どもがいるなら子どもが相続人になることができます。配偶者を別にすれば、被相続人の子どもは最上位の相続人です。他に被相続人の親や兄弟姉妹がいるとして ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.18

相続人を特定する方法とは?

被相続人の戸籍すべてを調べる必要性 相続人を特定するには、被相続人が生まれてから亡くなるまでの一生分の戸籍を集め、調べる必要があります。なぜなら、亡くなった時の家族が存在を把握していない相続人がいるか ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.17

相続人になるのは誰?相続人の定義とは

相続人の定義とは? 人が亡くなった後、遺された財産は受け継ぐべき人に受け継がれます。その財産を受け継ぐ権利を持つ人のことが「相続人」と定義されています。 相続人は、被相続人が生前に保有していた財産、権 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.16

相続人の調べ方を徹底解説

相続人の調べ方を知っておくべきなのはなぜ? 相続人とは、簡単に言えば「被相続人の遺産を相続する権利がある人」のことです。多くの遺産相続では、遺された配偶者と子どもが相続人になっています。 そのため、相 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.15

遺留分を取り戻すための裁判手続きとは?

遺留分を他の人が相続したら取り戻しができる 遺留分とは 遺留分は、兄弟姉妹以外の相続人(配偶者、子、直系尊属)に民法上確保されているもので、最低限相続できる財産の割合になります。ただし、相続が開始した ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.06

遺留分を侵害する遺言書を書く場合の注意点

そもそも遺留分とは? 相続では遺言があれば遺言が優先 相続では、民法上の相続人(法定相続人)が民法上の相続割合(法定相続分)で財産を引き継ぐのが原則です。しかし、被相続人が遺言書を残している場合には、 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.05

親の相続人になったなら知っておきたいこと

親が亡くなれば子は相続人になる 子は第1順位の相続人 人が亡くなったとき、相続人になる人の範囲と優先順位は、民法に規定されています。配偶者以外では、子が第1順位の相続人となっています。親が亡くなったら ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.04

自分や家族が亡くなったら誰がどんな順番で相続人になる?

相続人の範囲と順番 相続人の範囲や順番は民法で決まっている 人が亡くなったときに相続人となる人の範囲や順番については、民法で定められています。民法上、相続人となるのは亡くなった人(被相続人)の配偶者及 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.03

相続開始後に相続人が行う税務上の手続きについて

亡くなった人の相続人は税務上の手続きが必要な場合がある 相続人が行う相続手続きには期限があるものも存在する 家族など、身近な親族が亡くなった場合、自分が相続人になって財産を引き継ぐことがあります。相続 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.02

相続人が借金を引き継がないために知っておくべきこと

相続人は借金も引き継ぐことがある 借金も相続の対象 人が亡くなったときには、相続人と呼ばれる親族が、亡くなった人(被相続人)の財産を相続することになります。「うちには財産なんてないから相続は関係ないだ ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.06.01

相続人調査における戸籍謄本等の集め方

相続が開始したら相続人調査が必要 遺言相続と法定相続 家族など、身近な親族が亡くなった後には相続手続きを行わなければなりません。遺言が残されている場合には「遺言相続」となり、遺言に従って相続手続きを行 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.05.30

相続人としての権利を回復する相続回復請求権とは?

相続回復請求権とは? 民法に規定されている相続人の権利 「相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時か ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.05.29

遺産を相続人で分けるときの割合はどうなる?

遺産分けのために遺産分割協議が必要 遺産分割で共有している遺産を分ける 親族が亡くなって遺産相続が発生したときに、相続人となる人が複数いれば、相続開始と同時に、相続人全員が法定相続分(民法上の相続割合 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.05.28

相続人だけでなく相続人以外にも財産を譲れる遺贈とは?

遺贈の基礎知識 遺言により財産を取得させること 遺贈とは、遺言で遺産の全部または一部を処分することです。遺贈は、相続人に対しても、相続人以外に対しても、どちらでも行うことができます。 遺贈を受ける人は ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.05.27

相続が発生したけれど相続人なし!その場合の遺産はどうなる?

相続人なしといってもいろいろある!相続人なしのケースとは? 元々法定相続人なしの場合 人が亡くなったとき、その人の法定相続人になるのは、以下の親族に限られます。 ①配偶者…必ず相続人になる ②血族…次 ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.05.26

相続人が所在不明の場合の遺産相続の進め方

相続人が所在不明のままでは、遺産相続は進まない 遺産相続には、相続人全員が参加する必要があります。所在不明の相続人がいる場合も、その人について何の手続きもしないままに遺産相続を進めていくことは不可能で ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.04.23

相続人が子供のみの場合の遺産相続について

相続人が子供のみの場合の相続分 被相続人の遺言がある場合はその内容に従って、遺言がない場合には遺産分割協議で遺産の分割方法を話し合って決めます。 子供のみの遺産相続において遺言書がある場合、原則として ...

続きを見る

相続人・遺留分2018.04.22

1件 - 18件 表示

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.