相続税 2022.01.12

クレジットカードの相続手続きについて。貯まったポイントはどうなる?

今は大部分の人がクレジットカードを持っている時代。遺品整理をしていると、故人のクレジットカードが出てくることも多いのではないでしょうか?今回は、クレジットカードの相続手続きや、貯まっているポイントの取り扱いについて説明します。必要な手続きは、忘れないように注意しておきましょう。

記事ライター:ゆらこ行政書士

クレジットカードは相続できない!?

家族が亡くなったときには、悲しみに暮れるのも束の間。遺産相続のための手続きがたくさん発生します。

たとえば、銀行口座は相続手続きが必要です。口座に残っている預金は故人が残した相続財産。遺産分割協議により誰が預金を相続するかを決めて、名義変更や払い戻しの手続きを行います。

クレジットカードも銀行口座と同様にお金に関する大切なもの。「クレジットカードも相続手続きをしなければならないのでは?」と考えることもあるでしょう。

結論から言うと、クレジットカードは相続の対象ではありません。

クレジットカードというのは、会員資格を証明するために、カード会社から貸与されているものです。つまり、クレジットカードが使えるのは、カードの名義人だけ。もし名義人が亡くなっても、相続人がカードを引き継ぐことはできません。

 

未払いのカード代金が残っている場合には?

亡くなった時点で、クレジットカードの未払い残高が残っている場合にはどうなるでしょうか?

クレジットカードの利用代金は、通常は銀行口座から引き落としされるでしょう。

名義人が亡くなった後でも口座の残高があれば、それまで同様引き落としが行われます。

ただし、亡くなった人の銀行口座は、銀行が死亡の事実を把握した時点で凍結され、一切の入出金がストップします。

カードの引き落とし日に口座凍結されていれば、引き落としはできません。未払いとなったカード代金は、相続人が払う必要があります。

なお、相続人が故人のカード代金を払う場合でも、カード名義を相続人に変更する必要はありません。

クレジットカードに名義変更のシステムはないので、カード会社の指示に従って現実にお金を支払えばOKです。

 

故人のクレジットカードを放置しているとどうなる?

Male hand pulling and opening drawer on white wooden cabinet. Home furniture and decoration shopping concept

クレジットカードの名義人が亡くなったら、カードが自動的に失効するわけではありません。

誰かが申し出ない限り、クレジットカード会社は死亡の事実を把握できないからです。

つまり、たとえカード名義人が亡くなっても、何も手続きしなければクレジットカードは使用可能な状態。カードの支払いが発生してしまう可能性があります。

たとえば、毎月継続して発生するサービス利用料をカード払いにしていれば、引き続き決済されるでしょう。クレジットカードを発見した相続人がカードを使って買い物をすることもできてしまいます。

カード自体の年会費が発生する場合には、解約するまで当然払わなければなりません。

また、クレジットカードは、番号を入力するだけでも決済ができます。カードの失効手続きをしない限り、不正使用されるリスクも残るのです。

故人のクレジットカードにより発生した債務は、相続人の債務となります。余計な債務を増やさないよう、なるべく早くカードを失効させるのが安心です。

 

亡くなった人のカードの解約手続きは?

亡くなった人のクレジットカードを失効させるためには、カード会社に申し出て、解約手続きをする必要があります。

この場合、会員本人が手続きできないので、家族がカード会社に連絡することになるでしょう。

手続き方法はカード会社によって異なりますが、死亡の事実が記載されている戸籍謄本などが必要になります。

なお、故人のクレジットカードに付帯して発行された家族カードを家族が使っている場合もあります。故人のカードを解約すると、家族カードも使えなくなります。

家族カードがなくなって困るようなら、自分名義のクレジットカードを新たに作ることを考えましょう。

 

故人が貯めたポイントやマイルはどうなる?

ところで、クレジットカードの醍醐味と言えば使うほどに貯まるポイントやマイル。

亡くなった人のクレジットカードのポイントがたくさん貯まっていることもあるでしょう。クレジットカード名義人が貯めたポイントは、亡くなった後どうなるのでしょうか?

クレジットカードのポイントは、現金と同様に使えることもありますが、相続の対象にはなりません。

ポイントは、会員向けに付与される特典です。会員資格がなくなれば、原則的にポイントも消滅します。

ただし、ポイントの取り扱いは、カード会社が自由に決められます。そもそも、死亡しなくても、家族間でポイントの移行や合算ができるカードはあります。

亡くなった人が貯めたポイントを家族が引き継げる取り扱いをしているカードも少なくありません。会員規約を確認するか、カード会社に問い合わせてみましょう。

 

まとめ

クレジットカードは相続できませんが、故人名義のカードを失効させるために解約の手続きが必要です。

他の相続手続きと合わせ、クレジットカードの解約手続きも速やかにしておきましょう。

貯まっているポイントは家族が引き継げる場合がありますので、カードを解約する前に確認してみるのがおすすめです。

関連記事

相続税

相続した家。長く住み続けると自分のものになる?

遺産分割が終わってない実家は誰のもの? 亡くなった人が所有していた財産は、遺産分割が終わるまでは相続人全員のもの。 相続人全員で遺産分割協議を行い、誰がどの財産を相続するかを決めた上で、名義変更を行わ ...

2022/04/18

相続税

故人の電子マネー残高が100万円!相続できる?

故人の電子マネーに高額が残っているかも!? 相続が発生したときには、亡くなった人の財産について、相続人が引き継ぐ手続きをしなければなりません。そのために、まずは相続人の残したすべての財産を洗い出す必要 ...

2022/04/11

相続税

養子を増やしたて節税したい!デメリットはある?

養子は実子と同じ相続権を持つ 日本には養子縁組の制度があり、血のつながった実の子供以外に、法律上の子供である養子を作ることができます。跡継ぎがいないなどさまざまな理由で、養子縁組は昔から行われてきまし ...

2022/03/25

相続税

相続税改正で何が変わった?

相続税改正で、基礎控除が大幅にダウン 今回の相続税改正によって、幾つかの運用が変更になりましたが、中でも最も影響が大きいのが「基礎控除の大幅ダウン」です。相続税は、すべての方に課税されるわけではなく、 ...

2017/10/02

相続税

相続税はいくらから課税されるのか

相続税がいくらからかかるかは、課税対象財産による 相続税の課税対象となるのは、課税対象財産です。そして、課税対象財産とは、相続財産から基礎控除額を引いた金額です。 基礎控除額の計算式は、以下の通りです ...

2017/10/02

相続税

みなし相続財産って何?

みなし相続財産は、相続税の課税対象 みなし相続財産は、厳密には相続や遺贈で取得しているものではありません。 ですが、相続税の課税にあたっては、相続財産とみなして相続税を課税することになっています。 な ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2022 AllRights Reserved.