土地・不動産 2017.12.04

相続税対策に不動産は最適!相続は始まる前に購入しておくのが正解

相続税は、ある程度の資産がある人にとっては深刻な問題です。愛する子供や孫に資産を残したいと思っても、相続税が高いので、ほとんど取られてしまいます。日本の相続税は実は非常に高く、資産家でも3代で財産がなくなると言われています。そこで活躍するのが、現金を不動産に変える相続税対策です。

記事ライター:nexy編集部

相続税対策として不動産は有効

たとえば、億単位の財産を持っている場合、相続税をそのまま納めると莫大な額になり、子孫に残せるお金が少なくなってしまいます。これが仮に、数千万円単位のお金であれば、配偶者控除などがありますので、法定相続人の分だけ控除がありますし、基礎控除などもありますから、場合によっては相続税を払わなくていいケースも多々あります。

しかし、億単位の財産となるとかなりの相続税負担となりますので、不動産に変えて相続税対策をしておくのが最適です。

現金で持っていると、そのまま評価額が100%になりますが、不動産に変えると1/3の評価額になるケースが多く、小さめの家を買うのであれば「小規模宅地の特例」を使って相続税をかなり抑えることができるのです。

土地および建物ならば、かなりの節税になります。そのため、相続税対策で不動産を買う人は多いのです。

 

相続税対策としての不動産投資

相続税対策として不動産投資を行うのも有効です。たとえば、地方などの田んぼが埋め立てられて、そこにマンションやアパートなどがどんどん建っている光景を見かけたことはありませんか? あれは多くの場合、相続税対策の不動産投資です。

不動産投資は、銀行等から融資を受けて、家賃収入でローン諸々を返しながら、さらに固定資産税等の租税公課も支払い、残った分をコツコツ貯金して、繰り上げ返済していくものです。

2017年現在、大きなブームとなっており、都心を中心にマンション投資を行う人が増えています。

なぜなら、ローンが終われば、その後にはローン無しのマンションやアパートが手元に残ります。そして、それらを年金代わりとして、家賃収入を受け取ることができるでしょう。誰しも年金が不安な昨今ですが、将来的な年金収入の代わりになります。

不動産が活況で、年金が破綻するかもしれない今、不動産投資に大きな注目が集まっているのです。しかも、東京オリンピックで2020年までは不動産価格は値上がりの傾向があります。これならば、相続が始まる前に買っておいて、オリンピック後に相続が発生してから売ればかなりの売却益にもなります。

マンションおよびアパートローンを組むことでポートフォリオが一時的にマイナスになるので、確定申告で所得税も返ってきますし、現金を使い果たせば実質的な相続税はゼロになります。

 

不動産投資が相続税対策になるもう一つの理由

不動産投資の収益は、本業の給与所得等と通算できるのが特徴です。確定申告で損益を通算できるので、所得税が還付されます。それに従って住民税も安くなり、かなりの節税になります。

相続税においても、土地にマンションやアパートを建てることで、損失が出るため確定申告で有利になります。しかも頭金を現金で入れれば、現金資産が減りますし、不動産による相続税対策になります。さらに所得税や住民税も節税になりますので、資産家はどんどんマンションやアパートを建てるというわけです。

タワーマンション節税というのもブームです。タワーマンションは、高層階になればなるほど、値段が高くなります。富裕層にしか買うことができないフロアです。

しかもタワーマンションの高層階は、不動産による相続税対策の富裕層だけでなく、IT長者などの高所得者層も狙っています。さらに付け加えると、円安を背景にしてアジアを中心とした外国人投資家も入ってきていますので、その価値は高まる一方です。

現金を持っているよりも不動産を持っている方が、はるかに評価額が低くなって相続税の対策になるのです。

もしも仮に子供の数が多くて、タワーマンションの不動産で相続税対策をすると分割するのが大変だというのであれば、区分マンションを多く持って、ワンルームマンション投資をしてもいいでしょう。

不動産の中でもワンルームマンションは、流動性が高いのです。つまりそれは、換金しやすいということです。数億規模の資産がない人でも、現金をワンルームマンションに変えておけば立派な不動産による相続税対策になりますので、この機会にぜひとも覚えておきましょう。

関連記事

土地・不動産

相続不動産を売却した際の譲渡所得の計算における取得費はどうなる?

相続不動産を売却した際の譲渡所得とは? 相続した不動産を売却した際には、売却によって得られた利益に対して所得税が課税されます。譲渡所得とは、譲渡、つまり売却によって得られた利益のことを指しており、譲渡 ...

2019/02/14

土地・不動産

不動産を相続するなら取っておくと便利な資格とは?

不動産相続に役立つ資格1:宅地建物取引士 不動産を相続すると、不動産を貸したり、売ったりする可能性が出てきます。そこで、おすすめなのが宅地建物取引士という資格です。 宅地建物取引士という資格は、法律の ...

2019/02/12

土地・不動産

不動産を相続する際に必要な戸籍謄本などの必要書類について

不動産相続で戸籍謄本が必要になる理由とは? 不動産相続に限らず、遺産相続が発生した際には、相続人を特定するために被相続人の戸籍謄本が必要になります。 通常の家族であれば、わざわざ戸籍謄本など取らなくて ...

2019/02/08

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2019 AllRights Reserved.