相続放棄 2017.11.16

相続人としての立場を放棄するには?

身内が亡くなって自分が相続人になったときに、できれば相続したくないと思うこともあるでしょう。相続人としての立場は放棄することも可能になっています。相続人としての立場を放棄することを「相続放棄」といいます。ここでは、相続放棄について基本的な内容を説明します。

記事ライター:ゆらこ行政書士

相続放棄とは相続人の立場を放棄すること

相続人としての立場は放棄できる

親族が亡くなって自分が相続人になったけれど、できれば相続人としての立場を放棄したいということもあると思います。典型的なのは、亡くなった人(被相続人)が借金を残している場合です。相続では財産だけでなく借金の支払い義務も引き継いでしまいますから、相続人になれば被相続人の債権者から督促を受けることになってしまいます。

また、被相続人や他の相続人とは疎遠になっていて関わりたくない、相続争いに巻き込まれたくないなどの理由から、財産はあっても敢えて相続したくないというケースもあると思います。このような場合には、相続人としての立場を放棄する選択も可能です。

限定承認と相続放棄の違い

相続の際に、プラスの財産(現金、不動産など)もマイナスの財産(借金など)もすべて相続することを相続の「単純承認」といいます。単純承認は原則的な相続方法ですから、相続の際に何も手続きしなければ単純承認したことになります。

ところで、相続では、単純承認以外に、「限定承認」「相続放棄」という相続方法もあります。限定承認とは、プラスの財産の範囲内でマイナスの財産を相続する方法です。一方、相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産も一切相続しない方法です。

相続放棄をすれば、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされます。つまり、相続放棄とは、相続人の立場自体を放棄することです。限定承認の場合には、プラスの財産が残れば相続できますが、相続放棄の場合には、そもそも相続人でないわけですから、プラスの財産が残っても相続できないことになります。

 

相続人が相続放棄をするには?

相続放棄には期限がある

相続放棄の手続きは、相続開始を知ったときから3ヶ月以内にする必要があります。相続放棄ができるこの期間のことを「熟慮期間」といいます。熟慮期間が経過してしまうと、それ以降は相続放棄をすることができません。

相続開始を知ってから3ヶ月という期間はあっという間に過ぎてしまいます。相続人になったけれど相続放棄したいという場合には、速やかに手続きを行う必要があります。

相続放棄の手続き方法

相続人が相続放棄をするには、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に、次のような書類を提出して手続きする必要があります。

相続放棄申述書

相続放棄申述書の書式は、裁判所のホームページからダウンロードできるほか、最寄りの家庭裁判所でも入手することができます。記入例を参考に、必要事項を記入しておきます。

被相続人の住民票除票または戸籍附票

被相続人の最後の住所地の役所で住民票除票を取得するか、本籍地の役所で戸籍附票を取得して提出します。

相続関係がわかる戸籍(除籍・原戸籍含む)謄本一式

被相続人の出生から死亡までの戸籍、相続放棄をする人の現在の戸籍のほか、相続人であることがわかる戸籍一式を揃える必要があります。

 

相続人が相続放棄をする際の注意事項

相続放棄により新たに相続人になる人がいるケースがある

相続では配偶者は必ず相続人になりますが、それ以外の相続人については次のような優先順位があります。

第1順位 子(または代襲相続人)
第2順位 直系尊属
第3順位 兄弟姉妹(または代襲相続人)

相続放棄をした人は、相続人ではなかった扱いになります。つまり、第1順位の子(代襲相続人も含む)が全員相続放棄をした場合には、第2順位の人がいれば第2順位の人が相続人になります。第2順位の人がいない場合や第2順位の人も全員相続放棄した場合には、第3順位の人が相続人になります。

このように、同順位の人全員が相続放棄をすれば、次順位の人へと相続権が移ります。相続放棄というのは、相続放棄をする相続人本人だけの問題ではなく、他の親族に影響を及ぼす可能性があります。

借金がある場合の相続放棄は次順位の人に配慮が必要

被相続人が借金を残している場合、本来の相続人が相続放棄をすれば、次順位の人が相続人となり、借金を背負ってしまうことになります。相続放棄により他の人に迷惑をかけたくなければ、次順位の相続人にも連絡し、一緒に相続放棄してもらうことを検討した方がよいでしょう。次順位の相続人がいるかどうかわからない場合や、連絡先がわからない場合には、弁護士等に依頼して調べてもらうのがおすすめです。

関連記事

相続放棄

兄弟の子が相続放棄をしたら、遺産相続はどうなる?

兄弟の子が相続放棄した後は、相続人になる人がいない 遺産相続の相続人には、法定の順位があります。一位が被相続人の子ども、二位は両親や祖父母などの直系尊属、三位が被相続人の兄弟姉妹です。三位より下の相続 ...

2018/04/24

相続放棄

相続において財産を放棄する場面と、その方法について

財産をもらわないことを認める「相続分の放棄」 遺産分割協議で財産の分け方を話し合う場合、財産はいらないということを「相続を放棄する」と表現する人がいますが、この表現は間違いです。 相続を放棄するという ...

2018/04/20

相続放棄

相続放棄できなくなる!「単純承認」とは?

相続することを認める「単純承認」 単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべてを無条件で受け継ぐことを認めることです。民法には「法定単純承認」という定めがあり、法定単純承認事由に該当する行為をし ...

2018/04/06

相続放棄

遺産放棄とは何か?

いつまで遺産放棄を決めるのか? まず大事な話になりますが、人が亡くなった時点で、その人が持っていた財産全ては、法定相続人全員の「共有財産」になります。「共有財産」ですから、誰かが勝手に使ったり、あるい ...

2017/10/03

相続放棄

遺産相続を放棄するとは何か?

遺産相続の意味は? 「遺産相続」という言葉を何気なく使っていますが、なぜ「遺産」を相続する必要があるのでしょうか?まず、この点から考えてみましょう。 日本の民法では、自分のものは自由に処分できるという ...

2017/10/03

相続放棄

遺産を放棄するための手続きはどのようなもの?自分でもできる?

遺産を放棄したいと考えたとき 家族が亡くなり、自分に遺産が残されたとします。ですが、負債が資産を上回っていて、その遺産を受け継ぎたくないと思うとき。 また亡くなった親族となんらかの人間関係上のこじれが ...

2017/10/03

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.