相続放棄 2017.12.21

一部だけ相続放棄をすることはできるのか

相続というと、預金や不動産などのプラスの財産が思い浮かぶかと思いますが、一方でマイナスの財産が発覚することも少なくありません。例えば、親の残した借金や、連帯保証人の地位など、できれば相続したくない財産もあります。

そこで今回は、一部だけ相続放棄したいケースについて、詳しく解説します。

記事ライター:棚田行政書士

一部だけ相続放棄したいケースとは

相続放棄とは、相続自体を放棄することですが、相続財産の一部のみ相続放棄をすることはできるのでしょうか。相続財産の一部のみ相続放棄をしたくなるケースの具体例を挙げてみました。

ケース1:一部の借金だけ相続放棄したい場合

「財産は相続したいけれども、親の残した借金まで背負わされるのはごめんだ」という方は多いのではないでしょうか。とはいえ、すべての借金を返さないとなると、様々な面で支障が出ることがあるため、一部の借金だけを任意で選んで、相続放棄をしたいという場合が考えられます。

ケース2:他の相続人に財産を譲りたい場合

すべての財産を相続放棄するのはもったいないため、一部の財産だけ相続し、後のものは全て相続放棄をして、他の相続人の取り分を増やしたい場合が考えられます。

このように、一部だけ相続放棄をしたくなる場面というのは結構あります。結論から言うと、残念ながら財産の一部だけを選んで相続放棄をすることはできません。ただ、別の方法で目的を達成できる方法はあります。

 

一部だけ相続放棄ができないわけとは

相続放棄は原則として、相続するかしないかの二択です。よって、自分が欲しい財産だけを相続して、都合の悪い借金などの負債についての一部を相続放棄する、といういわゆる「おいしいとこ取り」の相続放棄はできないと規定されています。

そもそも、そのようなことが許されてしまうと、債権を有する債権者としては納得できないでしょう。そのため、相続するのであれば一部ではなくプラスもマイナスも全て含めて全部ということになります。

また、相続放棄をすることによってもたらされる法的効果は「当初から相続人ではなかったこと」にすることです。つまり、相続放棄をするということは、全部、一部という概念ではなく、「相続人たり得るのか」という部分が本質にあります。

要するに、相続放棄をした時点でその人は相続人ではなくなってしまうので、一部ではなく全ての財産を相続する権利を失うのです。

そこで、一部を相続放棄するのと同じような効果をもたらす対処法を2つご紹介します。

一部だけ相続放棄したい場合の対処法1:限定承認

「お金や不動産は相続したいけれど、一部の借金は相続放棄したい」といったわがままは通用しませんが、借金を相続するのだけは避けたいという人には、一部の相続放棄ではなく限定承認という対処法があります。

限定承認とは、プラスの財産とマイナスの財産を相殺して、プラスがある場合にだけ相続をするという方法です。この方法を使えば、借金の相続は回避することができます。一部の相続放棄はできませんが、限定承認なら借金のリスクについてだけは一部回避が可能です。

ただし、限定承認については一部の相続人だけが選択することはできない点に注意が必要です。限定承認はその性質上、相続放棄とは違い、一部ではなく相続人全員が一致して限定承認を選択しなければ、手続きができませんので覚えておきましょう。

一部だけ相続放棄したい場合の対処法2:相続分の放棄

相続放棄については、手続きをすることで相続人ではなくなってしまうため、借金が多い場合の最終手段と考えると良いかもしれません。

例えば、自分の相続分を放棄して他の相続人に譲りたい場合は、一部を相続放棄するという考え方ではなく、自らの相続分を放棄して、他の相続人の相続分を増やすという方法があります。

わかりやすく言うと、遺産分割協議の中で自分の相続分を減らすということです。ただし、この場合はたとえ自分の相続分を一部もしくはゼロにしたとしても、万が一相続財産に借金がある場合は要注意です。

このような場合、通常は財産を多く相続する相続人が借金も肩代わりするものですが、万が一その相続人が借金を返済しない場合、相続分を放棄して1円も相続していなくても、法定相続分相当額については、債権者から借金返済を迫られる可能性があります。

相続放棄とは違い、相続分の放棄は相続人の間では有効ですが、債権者に対しては直接関係のない話なので、万が一返済がされない場合は、法定相続分に則って請求される恐れがあります。

なお、一部の財産を放棄ではなく、自分の任意の相続人に譲渡したい場合は、相続分の譲渡という方法をとることもできます。

 

相続放棄は一部ではなく全部が対象

このように、相続放棄については財産の一部に対してだけ相続放棄することはできず、全部を相続放棄するかどうかで判断する必要があります。

そのため、たとえ債務超過になる場合でも、一部にどうしても相続したい財産(自宅など)がある場合については、一部を相続放棄することはできないため、借金を覚悟で相続することになるでしょう。

それ以外のケースについては、限定承認や相続分の放棄、相続分の譲渡などを活用することによって、一部を相続放棄するのと同じような効果をもたらすことができます。

ただし、これらの効果は債権者に対しては対抗できないため、借金から完全に逃れたいのであれば、家庭裁判所において一部ではなく全部の財産の相続放棄の手続きを行っておくことをおすすめします。

関連記事

相続放棄

兄弟の子が相続放棄をしたら、遺産相続はどうなる?

兄弟の子が相続放棄した後は、相続人になる人がいない 遺産相続の相続人には、法定の順位があります。一位が被相続人の子ども、二位は両親や祖父母などの直系尊属、三位が被相続人の兄弟姉妹です。三位より下の相続 ...

2018/04/24

相続放棄

相続において財産を放棄する場面と、その方法について

財産をもらわないことを認める「相続分の放棄」 遺産分割協議で財産の分け方を話し合う場合、財産はいらないということを「相続を放棄する」と表現する人がいますが、この表現は間違いです。 相続を放棄するという ...

2018/04/20

相続放棄

相続放棄できなくなる!「単純承認」とは?

相続することを認める「単純承認」 単純承認とは、プラスの財産もマイナスの財産もすべてを無条件で受け継ぐことを認めることです。民法には「法定単純承認」という定めがあり、法定単純承認事由に該当する行為をし ...

2018/04/06

相続放棄

遺産放棄とは何か?

いつまで遺産放棄を決めるのか? まず大事な話になりますが、人が亡くなった時点で、その人が持っていた財産全ては、法定相続人全員の「共有財産」になります。「共有財産」ですから、誰かが勝手に使ったり、あるい ...

2017/10/03

相続放棄

遺産相続を放棄するとは何か?

遺産相続の意味は? 「遺産相続」という言葉を何気なく使っていますが、なぜ「遺産」を相続する必要があるのでしょうか?まず、この点から考えてみましょう。 日本の民法では、自分のものは自由に処分できるという ...

2017/10/03

相続放棄

遺産を放棄するための手続きはどのようなもの?自分でもできる?

遺産を放棄したいと考えたとき 家族が亡くなり、自分に遺産が残されたとします。ですが、負債が資産を上回っていて、その遺産を受け継ぎたくないと思うとき。 また亡くなった親族となんらかの人間関係上のこじれが ...

2017/10/03

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.