相続税 2019.12.23

相続で農地を取得した場合に利用できる「納税猶予制度」とは?

遺産相続が発生した際、相続財産に不動産が含まれていると相続手続きが難航するとよくいわれますが、中でも「農地」が含まれている場合についてはさらに通常の手続きと異なる点が出てくるため注意が必要です。

そこで今回は、平成30年に税制改正により変更になった「農地等の納税猶予制度」について詳しく解説したいと思います。

記事ライター:棚田行政書士

農地の相続税の納税猶予制度とは?

日本は食料自給率が低いこともあり、農地など作物を育てる土地の存続についてとても気を使っています。農業を営んでいた人が亡くなられてそのままあとを継ぐ人がいないと、日本の農地面積はどんどん少なくなってしまいます。

日本の農地面積は年々減少する傾向に

日本における農地の減少は深刻で、農林水産省の「耕地及び作付面積統計」の資料によると、統計が開始した昭和35年から農地面積は減少の一途をたどっています。

そこで国としてはできるだけ農地を次の世代の人に引き継いでもらえるよう、農地にかかる相続税について納税を猶予する制度を設けたのです。

なぜ相続税の納税免除ではなく納税猶予なのか

相続税については様々な控除制度や非課税制度がありますが、「納税猶予」という特例はあまり聞きません。

では、なぜ農地については納税猶予なのでしょうか。

農地の相続税の納税猶予は実質的に免除?

農地にかかる相続税の納税猶予は、相続人が以下のいずれかに該当するまで一生懸命農業を続ければ納税猶予ではなく納税が免除されます。

・農地の相続人が死亡した時

・農地を相続してから20年経過した時

・農地を受け継いでくれる後継者に一括で生前贈与して、贈与税の納税猶予の特例を受ける時

農地の相続税を単に免除としてしまうと、その後農業を営んでもらえない可能性もあるため、上記の期間きっちり農業を営んでもらったうえで納税を免除するという仕組みになっているのです。

 

相続税が納税猶予される農地と期限

相続税の納税猶予が受けられるのは、以下のいずれかに該当する農地で相続人が農業を継続した場合です。

・市街地区域内の生産緑地

相続人が死亡するまで納税猶予

・市街地調整区域内の農地等

申告期限から20年もしくは相続人の死亡、いずれか早い方まで納税猶予

従来までは上記のような運用でしたが、平成30年の法改正により三大都市圏の特定市以外の区域内の生産緑地地区内の農地等について、20年から死亡するまでに改正されました。

 

農地の相続税納税猶予、改正のポイント

農地の相続において相続税が納税猶予、実質的に免除となる当該規定は相続人にとって非常にメリットの大きい制度でしたが、一方で耕作という点においては懸念される点がありました。

相続税の納税猶予を適用するためには、相続した農地を相続人が耕作しなければならず、他人に貸し付けると納税猶予の対象から除外されていたため、相続人が高齢の場合に他人に農地を貸して耕作してもらうという選択ができなかったのです。

つまり、相続税の納税猶予を受けるために意欲のある若い世代に農地を貸し出すことができない状況でした。

この点について平成21年と24年に段階的に改正が行われ、他の農業事業者に貸し付けた場合でも一定の要件のもと、相続税の納税猶予が受けられるようになったのです。

農地の相続税の納税猶予、平成30年改正のポイント

平成30年に税制改正が行われ、相続税の納税猶予を受けている人が認定都市農地貸付けまたは農園用地貸付けを行った場合でも一定の要件を満たせば引き続き納税猶予が受けられることになりました。

また、納税猶予の適用対象となる都市営農農地等の範囲についても、特定生産緑地である農地や田園住居地域内にある農地が追加されました。

相続税の納税猶予を受けられる農地の定義をわかりやすく

相続税の納税猶予が受けられる農地の定義については基本的に農地法上の農地の定義のことを意味しているのですが、このほど農地法が改正され若干変更となりました。

農業委員会に届出している農作物栽培高度化施設の底面とするために、土地の全部をコンクリートで覆って農作物栽培高度化施設を設置して作物を栽培する場合でも、引き続き相続税の納税猶予の適用が受けられるようになったのです。

ただし、農業委員会に届出を出していない場合については、農地法上の農地として扱われないため注意しましょう。

 

まとめ

今回は農地の相続税納税猶予について詳しく解説してみました。

農地については、相続後も農地として営農する、もしくは他人に貸して耕作し続けることで、実質的に相続税が免除されます。

また、農地については売買する際に行政機関の手続きが必要になりますので事前に税理士や行政書士などの専門家に相談することをおすすめします。

関連記事

相続税

相続税申告するなら電子申告がおすすめ!やり方とポイントを解説

相続税で電子申告をする方法 相続税を電子申告する場合は、次の流れで進めていきます。 電子申告できる環境を整える 電子申告をするためには、電子申告に対応した端末を準備してインターネット環境を整える必要が ...

2020/03/18

相続税

クレジットカードは使える?相続税の納付方法を徹底解説

相続税の期限と納付方法 そもそも相続税はいつまでが納付期限かご存じでしょうか。 例えば1月10日に相続が発生した場合、相続税申告期限は10ヶ月以内となるため11月10日です。 一般的には相続税申告をす ...

2020/03/13

相続税

相続税申告するなら知っておくべき財産評価基本通達とはなにか

財産基本通達とは? 相続税を計算するためには、まず課税対象となる相続財産を漏れなく調査して課税遺産総額を算出する必要があります。 例えば、相続財産が1億円の預金のみであれば計算は非常に簡単なのですが、 ...

2020/03/11

相続税

相続税改正で何が変わった?

相続税改正で、基礎控除が大幅にダウン 今回の相続税改正によって、幾つかの運用が変更になりましたが、中でも最も影響が大きいのが「基礎控除の大幅ダウン」です。相続税は、すべての方に課税されるわけではなく、 ...

2017/10/02

相続税

相続税はいくらから課税されるのか

相続税がいくらからかかるかは、課税対象財産による 相続税の課税対象となるのは、課税対象財産です。そして、課税対象財産とは、相続財産から基礎控除額を引いた金額です。 基礎控除額の計算式は、以下の通りです ...

2017/10/02

相続税

みなし相続財産って何?

みなし相続財産は、相続税の課税対象 みなし相続財産は、厳密には相続や遺贈で取得しているものではありません。 ですが、相続税の課税にあたっては、相続財産とみなして相続税を課税することになっています。 な ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2020 AllRights Reserved.