相続税 2020.03.11

相続税申告するなら知っておくべき財産評価基本通達とはなにか

相続税申告は毎年行う所得税の確定申告などと違い、亡くなられた方の保有していた財産すべてを申告して納税するため、手続きとしては非常に複雑になります。

そんな中、初めて相続税申告をするなら必ず知っておくべきなのが「財産評価基本通達」です。

略して基本通達ということもありますが、一般の方にとってはあまりなじみがないことと思います。

そこで本記事では相続税申告をするうえで重要になる「財産評価基本通達」について詳しく解説します。

記事ライター:棚田行政書士

財産基本通達とは?

相続税を計算するためには、まず課税対象となる相続財産を漏れなく調査して課税遺産総額を算出する必要があります。

例えば、相続財産が1億円の預金のみであれば計算は非常に簡単なのですが、相続財産に株式や不動産が含まれてくると一気に難易度が上がるのです。

上場株式であれば日々刻々と株価が変動しますし、非上場企業の株式については市場取引相場がないのでそのままでは価額がわかりません。

不動産も同様で、預金残高のように価額がどこにも記載されていないので、相続税の納税者側で独自に計算をして価額を算出する必要があります。

相続税の課税対象となる価額のことを「相続税評価額」といい、相続税評価額の計算方法の基準や方法について示されているのが相続税法施行令における財産評価基本通達です。

今回は財産評価基本通達の中で最も重要な部分となる、土地の評価基準について解説します。

なぜ財産評価基本通達が必要なのか

土地の評価額を計算する場合、「不動産会社の売却査定を利用すれば簡単ではないか」と思う人もいるでしょう。

ただ業者の査定は価格の算出根拠が曖昧だったり、営業的要素を加味して高く査定したりすることもあるため、査定をする業者によって価格に大きなばらつきが出てきます。

そうなると、査定を依頼する業者によって相続人が納税することになる相続税に違いが生じてしまうことになり、公平な課税という問題が担保できなくなってしまうのです。

そうであれば「不動産鑑定士に鑑定してもらえばいいのでは」と思うかもしれませんが、仮に不動産鑑定士に査定を依頼してある程度の公平性が保てたとしても、税務署としては不動産鑑定士が出した相続税評価額が正しいのかどうか、その都度確認する手間がかかってしまいます。

そこで国は日本の道路に「路線価」という㎡あたりの評価額を割り振ったうえで、路線価を用いてどのように土地の相続税評価額を計算すればよいのかという基準を、財産評価基本通達に定めて示したのです。

ちなみに、国が一方的に決めた路線価を納税者に押し付けることになるので、あまり高い金額で設定するとクレームになる可能性があったため、基本的に路線価の価格は実際に売却した場合の相場よりも8割程度低く設定されています。

 

計算式が単純ではないわけ

路線価が㎡あたりの評価額であれば、単純に土地の地積をかければ評価額が算出できそうに感じている人もいるのではないでしょうか。

わざわざ財産評価基本通達というものを作らなくても、十分対応できそうに感じるかもしれませんが、実は相続税評価額の計算が一筋縄でいかない理由がここにあります。

地積だけでは正しい評価額は出ない

同じ100㎡の土地だとしても、すべての土地が区画整理されていて平坦な土地ではありません。

さらにいうと、長方形で100㎡の土地と円形で100㎡の土地では実際に建築できる建物の広さも違ってくるため、相続税評価額が同じになるのはおかしいということになります。

このように土地の場合は、その土地の形質や形状、周辺環境などによって細かな補正を加える必要があるのです。

実は相続税申告で最も苦労する点はここになります。

たとえ税理士だったとしても、普段から相続税を専門としていない税理士の場合は財産評価基本通達を深く理解していないため、ミスが出たりかなりの時間がかかったりすることがあるのです。

財産評価基本通達の具体例

次のような土地については、路線価と地積で算出した価額に対して一定の減額をする補正を行うと財産評価基本通達に記載されています。

・不整形地:正方形や長方形の形に整備されておらず、いびつな形状をしている土地

・無道路地:道路に接していない土地

・間口が狭小な宅地等:道路に接している部分の間口が非常に狭い土地

・崖地等:崖地がある土地

これら以外にも通常よりも土地の利用が制限される要素が含まれている場合は、財産評価基本通達に従って相続税評価額を減額することが可能です。

 

まとめ

今回は土地にフォーカスしてきましたが、建物や株式などあらゆる財産の評価方法について基本通達がされています。

このような基本通達があることを知らずに相続税申告をしてしまうと、間違いだらけの申告書になってしまうので注意が必要です。

現実的には初心者の方が基本通達を見て自分で評価額を計算するとミスすることが多いので、できるだけ税理士に相談することをおすすめします。

関連記事

相続税

2020年相続税制の何が変わる?

変わる点1:所有者の申告制度 地方を中心に問題になっているのが、誰が所有しているのか不明な土地や建物の増加です。 相続登記などの手続きが何代にもわたって放置されている土地や建物については、役所でも所有 ...

2020/09/25

相続税

相続税のお尋ねってなに?

相続税のお尋ねってなに? お尋ねとは税務署から届く書類で、見た目は手紙のようなものですが甘く見て無視していると面倒なことになるため注意が必要です。お尋ねには大きく分けて2つの種類があります。 お尋ねケ ...

2020/09/23

相続税

なぜ相続税という税金が存在するのか

相続税はなぜ必要か 相続税の存在意義についてはいろいろなことがいわれていますが、これには大きく分けて2つの意味合いがあるとされています。 所得の再分配 もしも世の中に相続税という制度がなかったらどうな ...

2020/09/18

相続税

相続税改正で何が変わった?

相続税改正で、基礎控除が大幅にダウン 今回の相続税改正によって、幾つかの運用が変更になりましたが、中でも最も影響が大きいのが「基礎控除の大幅ダウン」です。相続税は、すべての方に課税されるわけではなく、 ...

2017/10/02

相続税

相続税はいくらから課税されるのか

相続税がいくらからかかるかは、課税対象財産による 相続税の課税対象となるのは、課税対象財産です。そして、課税対象財産とは、相続財産から基礎控除額を引いた金額です。 基礎控除額の計算式は、以下の通りです ...

2017/10/02

相続税

みなし相続財産って何?

みなし相続財産は、相続税の課税対象 みなし相続財産は、厳密には相続や遺贈で取得しているものではありません。 ですが、相続税の課税にあたっては、相続財産とみなして相続税を課税することになっています。 な ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2020 AllRights Reserved.