土地・不動産 2018.06.22

相続で兄弟が土地を相続する際に注意すべきこと

遺産相続ではまれに、被相続人の兄弟が相続人になることがあります。民法では、配偶者や子どもなど被相続人との関係が近い人に対しては、遺産相続において様々な優遇をしています。
しかし、大人になると自然と関係が遠くなる兄弟間の相続については、例外的な規定を設けています。加えて、土地という財産は遺産分割の際にしばしば問題になります。この記事では、被相続人の兄弟が土地を相続する際に注意すべきことを解説します。

記事ライター:棚田行政書士

被相続人の兄弟が土地を相続する場合は、相続税が割り増しになる

相続税には、様々な控除があります。特に、配偶者には手厚い控除が設けられています。なお、相続税には控除もあれば、割り増しもあります。相続で財産を取得した人が次のいずれにも該当しない場合には、相続税額が2割加算されることになっています。

1.一親等内の血族(被相続人の子どもまたは父母)

2.代襲相続人である被相続人の直系卑属

3.被相続人の配偶者

つまり、被相続人の兄弟、祖父母、代襲相続人でない孫などが相続または遺贈によって財産を取得する場合は、相続税額が2割アップすることになります。

このような取り決めになっていることには理由があります。被相続人の兄弟は相続において最下位の相続人であり、兄弟が相続することは偶然性が高いということです。

相続に限らず、偶発的に得る利益に対しては税額が高くなるのも仕方のないことと言えるでしょう。兄弟が相続にかかわる際に見落とされがちなのは、この点です。土地を相続する際には、加算される相続税額のことも考慮に入れなくてはなりません。

 

複数人の兄弟で土地を相続する場合は、分け方にも注意

被相続人の兄弟が一人で、かつ被相続人に配偶者がいないのなら、兄弟が一人ですべての遺産を相続するだけです。しかし兄弟が複数人いる場合は、土地の分け方には注意しなければなりません。

土地は、きっちり公平な分け方をすることが難しい相続財産です。なぜならば、そのままでは複数個に分けて分配することは不可能だからです。

土地以外にも建物や預貯金や株式、自動車や美術品などの相続財産があるなら、兄弟全員にある程度公平に、相続財産を分割することができるでしょう。

しかし、兄弟間で土地の相続について問題になるケースは、相続財産が土地以外にはほとんどないか、あるいは本当に土地しか相続財産がないといった状態が大半です。続く部分では、兄弟で土地を相続する際に検討できる分割方法の例をご紹介します。

 

土地を「換価分割」で分ける

土地にそれほど思い入れもなく、事業などでの必要性もないなら、土地を売却して金銭に換え、その金銭を兄弟間で分けるという方法もあります。土地を兄弟で相続する場合には、最も公平かつ有意義な仕方で分けられる方法です。

 

土地を「代償分割」で分ける

兄弟のうち誰か一人が土地を相続し、そのかわりに他の兄弟たちへ代償となる金銭を支払うという分け方です。事業などで土地が必要な場合には、効果的な分け方となります。

 

土地を「共有分割」で分ける

土地を手放すわけにはいかないものの、どうしても兄弟全員で公平に分ける必要がある場合には、共有分割によって土地の名義を兄弟全員の共有とすることもできます。

共有分割は手間も少なく便利な分割方法ですが、土地の権利者が複数人いることで権利関係が複雑になること、共有者の誰かの遺産相続が始まってしまうと大変面倒なことになること、共有状態のため土地の活用方法がほぼ無いなどのデメリットが目立ちます。

 

土地の相続は、「この先どう活用していくのか」も視野に入れて検討を

相続財産を公平に分けることは、兄弟全員が納得する遺産分割を実現するために必要なことです。兄弟のうち誰かが不公平な思いをすれば、その後ずっと続く確執へと発展しかねません。

しかし土地の相続は、公平に分けたは良いが相続後に活用できないという事態に陥りがちです。先に紹介してきた分割方法の中には、公平に分けられるのは良いものの、兄弟全員にとって、その後の活用がほとんど不可能になるものもあります。

「何が何でも公平に分けなければ」という思いになるあまり、兄弟全員にとって特にメリットのない相続となってしまう可能性もあるのです。

公平であることと兄弟全員にとってのメリットをバランス良く考慮し、今後の活用を考えるとどのように土地を分けるのが最善か、落ち着いて考えることが大切でしょう。

 

まとめ

兄弟が土地を相続する際には、相続税が通常よりも高額になることと、公平な分割が難しくなることに注意しましょう。複数人の兄弟がいるのに土地しか相続財産がない場合には、換価・代償・共有分割のいずれか、最も都合の良いものを選ぶ必要があります。

関連記事

土地・不動産

相続した土地を3年以内に売却するメリットとは?

3年以内なら「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を適用可能 相続した土地を、相続税の申告期限から3年以内に売却した場合には、売却時の「取得費」に土地にかかった「相続税」を加算できるという特例があり ...

2018/11/13

土地・不動産

相続した土地の売却益を分配するための流れとトラブル対処法

相続した土地の売却価格を調査する まずは、相続した土地が実際にはどれくらいの価格で売却できそうなのかを探りましょう。調査方法は簡単です。不動産情報サイトなどで、相続した土地の近隣地域にある、似たような ...

2018/11/12

土地・不動産

相続した土地を分筆する際の手続きと、かかる費用について

ステップ1:境界確定測量 相続した土地の境界が確定していない場合は、分筆することができません。そのため、どんな土地であっても、まずは境界確定測量を行います。 境界確定測量ではまず、登記簿、公図、区画整 ...

2018/11/09

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.