土地・不動産 2018.08.12

マンション経営が相続対策になる理由とは?

相続対策として、マンションを建築または購入して賃貸経営を始める人もいます。マンションなどの不動産は、相続税の課税の際、同額の現金よりも安く評価されるため、相続人が支払う相続税を抑えることができます。

マンション経営にはこの他にも多くの特徴があり、上手く活用することで、相続人により多くの遺産を遺すための有用な資産運用方法となります。マンション経営が相続対策として有効な理由を4つ考えていきましょう。

記事ライター:棚田行政書士

マンション経営により、土地と建物の評価額を減額できる

空き地状態の土地を持っている人が、そこにマンションを建てて経営する場合、土地だけでなくマンションの建物についても評価額を下げることができます。

土地は地域によって、路線価方式もしくは倍率方式で評価されます。土地の二面が道路に面していたり、角地だったりする場合には、評価額がプラスされて相続税も高くなってしまいます。

その土地でマンションを経営している場合は、「貸家建付地」として評価額の減額対象となります。貸家建付地の評価額は、次の計算で求めます。

「自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合=貸家建付地評価額)」

借家権割合は全国一律で決まっており、30%となります。賃貸割合とは、マンション内の独立部分の床面積を合計したもののうち、実際に賃貸のために使用されている部分の割合を表します。

賃貸割合が大きければ、それだけ評価額は下がるため、相続対策としてのマンション経営ではできるだけ満室を目指すことが重要です。

戸建て住宅などの一般家屋の場合は、固定資産税評価額がそのまま相続税評価額となりますが、マンションの建物は「貸家」扱いとなり、評価額が減額されます。マンションの評価額は、次の計算で求めます。

「固定資産税評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)=評価額」

 

マンションの条件次第で「小規模宅地等の特例」が適用可能

一定条件を満たす宅地については、相続税の評価額を大幅に抑えることのできる「小規模宅地等の特例」という制度があります。

マンションは貸付事業用宅地に該当するため、この特例を適用できる場合があります。経営しているマンションに特例を適用させるための条件は、次の3点です。

1. 被相続人となる人、または生計を共にしている親族がマンション経営をしていること
2. 面積が200平方メートルまでであること
3. 親族がマンション経営を引き継ぐ場合は、相続税の申告期限まで経営を続け、マンションも保有し続けていること

上記の条件をすべて満たしているなら、評価額が50%減額となります。ただし、相続開始後にマンション経営を引き継ぐのが別居の親族の場合は、この特例を適用できないので注意しましょう。

 

相続財産の減額が可能

相続税の基礎控除額は、次の計算で求められるものです。

「3,000万円+(法定相続人の人数×600万円)=相続税の基礎控除額」

相続税は、基礎控除額を超えた部分に課税されます。相続財産の額が多く基礎控除額を超えている場合は、支障のない範囲で相続財産を減らしておき、相続税がかからないよう工夫しておくことができます。

前述のように、自分の土地にマンションを建てて経営するにしても、中古物件を購入してマンション経営するにしても、購入費用を支出することによって相続財産を大きく減らすことが可能です。

 

マンション経営による家賃収入

マンションを経営すれば、定期的に家賃収入が入ってきます。一度満室になれば、家賃収入は安定的な収入源となります。

そのお金を相続税の納税資金として子どもに贈与することもできますし、ある程度貯まったところで、別のマンションを購入して経営範囲を広げることもできるでしょう。

 

経営にまつわる苦労やリスクも考慮する

マンション経営は立派な事業であり、それに伴う苦労やリスクもあります。

よくあるのは、入居者の家賃滞納による収入減です。管理会社が入っていれば管理会社が督促を代行してくれることもありますが、多少なりとも大家として受けるダメージはあるでしょう。

経営するマンション内で入居者が亡くなってしまい、発見が遅れることもあります。近年話題になっている「孤独死」の現場になってしまう可能性もあるのです。

時間が経てば経つほど物件に与える損害は大きくなりますが、入居者に肉親がいない場合には、原状回復費用は大家の負担になることがほとんどです。

築年数が経過すれば、大規模な修繕も必要です。また、災害や事故などで損傷を被った場合にも、保険に加入していなければ、大家負担で修繕する必要があるでしょう。周辺地域環境の変化によって、空き室ばかりになってしまう可能性もあります。

近年は、マンション経営のためのたくさんの保険が登場していますが、保険でカバーできずに予防が難しい問題や、大家としての費用負担を避けられない点も多いため、よく考えて慎重な判断をする必要があります。

 

まとめ

相続税の評価額を抑える点で、マンション経営は大いに役に立ちます。一方で、経営にまつわるリスクもよく考えるべきです。経営である以上は破綻する可能性があり、そうなれば相続対策どころではなくなってしまいますので注意が必要です。

関連記事

土地・不動産

相続したマンションの管理費は誰が払う?相続人がいなくなったらどうなる?

マンションを相続する相続人に支払い義務がある 相続とは、被相続人が生前に所有していた財産や義務、債務をすべて受け継ぐことです。遺言書が見つかれば、その内容に従って財産を相続すると同時に、相続財産に応じ ...

2018/11/16

土地・不動産

相続した土地を3年以内に売却するメリットとは?

3年以内なら「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を適用可能 相続した土地を、相続税の申告期限から3年以内に売却した場合には、売却時の「取得費」に土地にかかった「相続税」を加算できるという特例があり ...

2018/11/13

土地・不動産

相続した土地の売却益を分配するための流れとトラブル対処法

相続した土地の売却価格を調査する まずは、相続した土地が実際にはどれくらいの価格で売却できそうなのかを探りましょう。調査方法は簡単です。不動産情報サイトなどで、相続した土地の近隣地域にある、似たような ...

2018/11/12

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.