土地・不動産 2018.08.16

不動産を相続する時にも必要な「登録免許税」について解説

不動産の売買や、相続による所有者変更があった場合には、登記が必要になります。登記には、所有権移転登記、所有権保存登記、抵当権設定登記など様々な種類があり、申請の際には登録免許税法などで定められている「登録免許税」を納付する必要があります。

不動産を相続した時に行う登記は所有権移転登記ですが、相続を原因とした登記のため「相続登記」とも呼ばれます。ここでは、様々な登記において必要な登録免許税について解説します。

記事ライター:棚田行政書士

不動産相続における登録免許税の基本的な計算方法

相続した不動産にかかる登録免許税の税額は、基本的に次のように計算します。

登録免許税額 = (課税標準)×(税率)

登録免許税の課税標準となる金額は、申請する登記の種類によって変わります。売買や相続の登記のように不動産の価額が課税標準になる場合もあれば、債権金額による場合、あるいは不動産の個数による場合もあります。

計算された登録免許税額に100円未満の端数があるときは切り捨てとなり、計算された登録額が1,000円未満である時は、登録免許税は1,000円とされます。

不動産登記の種類による課税標準と登録免許税の税率は、下の表の通りです。一部の登録免許税の税率については、期間限定の軽減措置が取られています。

不動産の登記事項 登録免許税の課税標準 登録免許税の税率
所有権移転登記

 

 

・土地の売買

 

・建物の売買

 

・相続

 

・遺贈・贈与

固定資産税評価額  

・土地の売買 1,000分の20

(2019年3月31日までの軽減税率として1,000分の15)

 

・建物の売買 1,000分の20

(2020年3月31日までの軽減税率として、一定条件を満たす建物に限り1,000分の3)

 

・相続 1,000分の4

 

・遺贈・贈与 1,000分の20

 

所有権保存登記 法務局の認定価格 1,000分の4

(2020年3月31日までの軽減税率として、一定条件を満たす新築建物に限り1,000分の1.5)

抵当権設定登記 債権金額または極度金額 1,000分の4

(2020年3月31日までの軽減税率として、一定条件を満たす建物に限り1,000分の1)

 

相続を原因とする所有権移転登記における登録免許税について

不動産を相続した際の登録免許税の課税標準は、固定資産課税台帳にある「固定資産税評価額」です。固定資産税評価額とは、市区町村が発行する課税証明書などで「本年度価格」や「評価額」として記載されている価格のことです。

よく「固定資産税課税標準額」と混同されてしまうことがありますが、これは登録免許税の課税標準とは別物ですので注意しましょう。

もし、固定資産課税台帳に固定資産税評価額の価格表記がなければ、相続した不動産を管轄する登記所が認定した価額が、登録免許税の課税標準とされます。

課税標準においては、1,000円未満の端数は切り捨てます。もし価格が1,000円未満である場合は、課税標準は1,000円になります。

 

売買を原因とする所有権移転登記における登録免許税について

相続の時と同様、固定資産課税台帳にある「固定資産税評価額」が課税標準となります。

税率は上の表の通り、1,000分の2となります。

なお,個人が一定の要件を満たす住宅用家屋を購入し、市区町村長などが発行する証明書を添付して購入から1年以内に所有権移転登記をした場合は、登録免許税の税率が1,000分の1から1,000分の3までに軽減されるという優遇制度があります。

 

所有権保存登記における登録免許税について

所有権保存登記においてもやはり、固定資産課税台帳にある「固定資産税評価額」が課税標準となります。

税率は上の表の通り、1,000分の4となります。

なお,個人が一定の期日までに住宅用家屋を新築した場合、または未使用などの一定要件を満たす住宅用家屋を購入した場合で、市区町村長などが発行する証明書を添付して新築または購入から1年以内に所有権保存登記をした場合は、登録免許税の税率が1,000分の1または1,000分の1.5までに軽減されるという優遇制度があります。

 

抵当権(または根抵当権)設定登記における登録免許税について

債権金額(根抵当権の場合は極度額)が課税標準となります。他の登記と同様1,000円未満の端数は切り捨て、金額が1,000円未満の場合は1,000円として計算されます。

税率は上の表の通り、1,000分の4となります。

なお、個人が一定の要件を満たす住宅用家屋の購入資金の借入れのために、抵当権を設定する場合などは、税率が1,000分の1に軽減されるという優遇制度があります。

 

まとめ

不動産を相続した際の登録免許税は、原則として現金での納付後、その領収証書を登記の申請書に貼り付けるという流れで納付します。登記をする以上必ずかかってしまう登録免許税ですが、要件を満たす場合には、大幅な税額軽減も受けることができます。

関連記事

土地・不動産

相続したマンションの管理費は誰が払う?相続人がいなくなったらどうなる?

マンションを相続する相続人に支払い義務がある 相続とは、被相続人が生前に所有していた財産や義務、債務をすべて受け継ぐことです。遺言書が見つかれば、その内容に従って財産を相続すると同時に、相続財産に応じ ...

2018/11/16

土地・不動産

相続した土地を3年以内に売却するメリットとは?

3年以内なら「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を適用可能 相続した土地を、相続税の申告期限から3年以内に売却した場合には、売却時の「取得費」に土地にかかった「相続税」を加算できるという特例があり ...

2018/11/13

土地・不動産

相続した土地の売却益を分配するための流れとトラブル対処法

相続した土地の売却価格を調査する まずは、相続した土地が実際にはどれくらいの価格で売却できそうなのかを探りましょう。調査方法は簡単です。不動産情報サイトなどで、相続した土地の近隣地域にある、似たような ...

2018/11/12

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.