土地・不動産 2018.08.27

土地の相続手続きで遺産分割協議書が必要になる場合とは?

土地を持っている親が亡くなった場合、土地の相続手続きをする必要があります。土地の相続手続きをするには様々な書類が必要ですが、そのうちの一つが遺産分割協議書です。ここでは、遺産分割協議書はどのような場合に必要になるかを説明します。

記事ライター:ゆらこ行政書士

土地の相続の手続きはどのようにしてする?

法務局で相続登記を行って土地の所有者を変更する

土地の相続手続きとは、土地の所有者の名義を、亡くなった人から相続人に変更する手続きです。土地の所有者は法務局で登記されているため、名義変更手続きは法務局で行います。相続による土地の名義変更のことを相続登記と言います。

相続登記で必要になる添付書類

土地の相続登記は、登記申請書を法務局に提出して行います。登記申請書と一緒に、所定の添付書類も提出する必要があります。相続登記で必要になる添付書類には、戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本、被相続人の除票、相続人の住民票などがあります。

土地の相続登記では、遺産分割協議書も添付しなければならない場合があります。すべての相続登記で遺産分割協議書を添付しなければならないわけではありませんが、大部分のケースでは、遺産分割協議書は添付書類として必要になります。

 

土地の相続登記で遺産分割協議書が必要になるケースとは?

共同相続人がいれば遺産分割協議が必要

亡くなった人の相続人が一人しかいなければ、すべての財産はその相続人が相続することになりますから、手続きも比較的簡単です。しかし、実際には相続人が複数いるケースが多いでしょう。

父親が亡くなった場合には、母親が相続人になるほか、子どもについても全員相続人になります。父親のすべての財産を、相続人全員(共同相続人)で共有することになり、誰がどの財産を取得するかは遺産分割協議を行って決める必要があります。

遺産分割協議の内容を書面にしたものが遺産分割協議書

遺産分割協議とは、遺産(相続財産)をどう分けるかの話し合いのことです。話し合いと言っても、共同相続人が一堂に会して話し合わなければならないわけではありません。電話で意思確認をしたり、文書をやりとりしたりして話をまとめるのがむしろ一般的です。

遺産分割の話し合いがまとまったら、内容を書面にしておく必要があります。遺産分割協議書とは、遺産分割協議で決まった内容を証明するために書面にしたものです。

相続登記に遺産分割協議書が必要な理由

土地の名義変更を行うときには、新しく土地の所有者になる人が、土地を取得する正当な権利を持っていることを証明する書面を添付しなければなりません。遺産分割協議で土地を取得する場合には、そのことが明記された遺産分割協議書の添付が要求されることになります。

相続登記の際には、戸籍謄本等も提出しますから、共同相続人がいるかどうかはすぐにわかります。遺産分割協議書を提出できなければ、共同相続人のうちの一人だけに土地の名義を変更することはできないことになります。

遺言で土地を相続する人が指定されていれば遺産分割協議書は不要

共同相続人がいても、遺産分割協議書を添付せずに相続人の一人に土地の名義を変更できるケースがあります。それは、被相続人が遺言で土地を相続する人を指定している場合になります。

遺産はできるだけ亡くなった本人の意思に沿った形で分けるのが望ましいため、相続では遺言を優先する扱いをします。被相続人が遺言で土地を相続する人を指定している場合には、遺産分割協議書ではなく、遺言書を提出することになります。

 

土地の相続登記に必要な遺産分割協議書はどのようにして作成する?

遺産分割協議書の書式

遺産分割協議書には決まった書式はありません。すべての財産について一つの遺産分割協議書にまとめる必要もなく、土地の相続登記に使う遺産分割協議書には、土地のことだけが書いてあれば問題ありません。

遺産分割協議書の書式は自由ですが、何も考えずに作成すれば、法務局で受け付けてもらえないことがあります。遺産分割協議書は、少なくとも、インターネットや書籍などを参照して作成するようにしましょう。

土地の表示は正確に

遺産分割協議書では、対象となる土地の表示を正確に記載しなければなりません。必ず土地の登記事項証明書(登記簿謄本)を取得し、その通りに間違いなく記載するようにしましょう。土地の登記事項証明書は、法務局で、1通600円で取得できます。

遺産分割協議書の作成は専門家に依頼できる

土地の相続登記に使う遺産分割協議書の作成は、行政書士や司法書士といった専門家に依頼することができます。専門家に依頼すれば、法律的に有効かつ法務局でスムーズに受理される形式の遺産分割協議書を作ってもらえます。

関連記事

土地・不動産

相続した土地を3年以内に売却するメリットとは?

3年以内なら「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を適用可能 相続した土地を、相続税の申告期限から3年以内に売却した場合には、売却時の「取得費」に土地にかかった「相続税」を加算できるという特例があり ...

2018/11/13

土地・不動産

相続した土地の売却益を分配するための流れとトラブル対処法

相続した土地の売却価格を調査する まずは、相続した土地が実際にはどれくらいの価格で売却できそうなのかを探りましょう。調査方法は簡単です。不動産情報サイトなどで、相続した土地の近隣地域にある、似たような ...

2018/11/12

土地・不動産

相続した土地を分筆する際の手続きと、かかる費用について

ステップ1:境界確定測量 相続した土地の境界が確定していない場合は、分筆することができません。そのため、どんな土地であっても、まずは境界確定測量を行います。 境界確定測量ではまず、登記簿、公図、区画整 ...

2018/11/09

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.