土地・不動産 2018.08.29

相続した土地を売るときにかかる税金について

土地を相続することになったけれど、自分では利用する予定がない場合には、土地を売ることを考える場合もあるのではないでしょうか。

しかし、相続した土地を売るときには、税金がかかることに注意しておきましょう。ここでは、土地を相続したときの税金や、土地を売るときの税金について説明します。

記事ライター:ゆらこ行政書士

相続した土地を売る場合でも相続税は課税される

相続税が課税されるケースとは?

相続があったときにかかる税金と言えば、相続税です。相続税は、被相続人が残した財産が基礎控除額を超える場合に、財産を取得した相続人や受遺者(遺贈を受けた人)に課税されます。

基礎控除額は、相続税計算の際、遺産の額から無条件で差し引きできる金額で、次の式で算出します。

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

土地を相続すれば相続税がかかることが多い

たとえば、法定相続人が1人の場合、基礎控除額は3,600万円です。この場合、たとえ相続財産が土地だけでも、土地の価格が3,600万円を超えるなら、相続税の課税対象になります。一般に、土地の値段は高額ですから、土地を相続すると相続税がかかるケースが多くなります。

相続した土地をすぐに売る場合でも相続税はかかる

相続した土地を自分で使うつもりがなく、すぐに売りたい場合もあるでしょう。相続した土地を売る場合でも、相続税はかかります。相続税は、相続が発生した時点を基準にして課税されるものですから、相続した土地を売るかどうかは関係ありません。

相続した土地を焦って売ると税金が高くなることがある

被相続人の自宅や事業用の店舗に使っていた土地を相続した場合、小規模宅地等の特例が受けられ、土地の相続税評価額が8割減額になることがあります。この特例を受けられる場合には、土地を売る時期に注意しておく必要があります。

配偶者以外の人が土地を相続した場合、相続税の申告期限まで土地を保有していなければ小規模宅地等の特例が受けられません。申告期限前に土地を売ってしまうと、相続税額が高くなってしまうことがあります。

 

相続した土地を売る前に名義変更するときにも税金がかかる

相続した土地は売るかどうかに関係なく名義変更が必要

相続した土地は、相続人名義に変更する必要があります。相続した土地をすぐに売る場合でも、名義変更はしなければなりません。被相続人名義のままの土地を売ることはできないため、一旦、相続人名義にして、売却手続きをする必要があります。

相続登記の際にかかる登録免許税

相続した土地は、名義変更するときにも税金がかかります。土地の名義変更は相続登記により行いますが、相続登記をするときには、登録免許税という税金が課税されます。登録免許税の税額は、土地の固定資産評価額の1,000分の4になります。

 

相続した土地を売るときにかかる印紙税

土地の売買契約書に課税される税金

相続した土地を売る段階でかかる税金として、印紙税があります。土地を売るときには、買主との間で売買契約を締結します。印紙税は、売買契約書に課税される税金で、契約書に収入印紙を貼って納税します。

印紙税の金額

印紙税の金額は、契約金額によって変わります。不動産の売買契約書の印紙税は、軽減措置が設けられています。たとえば、契約金額が1,000万円の場合、本来の印紙税は1万円ですが、2020年3月31日までは5,000円になります。

 

相続した土地を売るなら譲渡所得税がかかることを考慮しておく

土地を売るとかかる税金がある

相続した土地を売る場合に最も注意しておきたい税金が譲渡所得税です。譲渡所得税は、財産の譲渡により得た利益(譲渡所得)に課税されます。相続した土地を売っても、譲渡所得が発生していなければ税金はかかりません。

譲渡所得の計算方法

譲渡所得は、次の計算式で計算します。

譲渡所得=収入金額 - (取得費+譲渡費用)-特別控除額

収入金額とは、土地を売ることによって得られた代金です。取得費とは、被相続人が土地を購入したときに払った代金で、不明の場合には売却代金の5%として計算します。譲渡費用は、売却のときにかかった仲介手数料などの経費になります。

譲渡所得を計算する際には、特別控除が受けられ、実際には税金が発生しないこともあります。土地を相続して特別控除が受けられるのは、被相続人が住んでいた家を解体して敷地を売る場合などで、特別控除額は3,000万円となります。

相続した土地は3年以内に売ると税金が安くなる

相続した土地を相続税の申告期限から3年以内に売る場合には、特例適用により、支払った相続税の金額の一部を取得費に加算することができます。相続した土地を売るときにかかる税金を少しでも安くしたいなら、3年以内に売るのがおすすめです。

関連記事

土地・不動産

相続した土地を3年以内に売却するメリットとは?

3年以内なら「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を適用可能 相続した土地を、相続税の申告期限から3年以内に売却した場合には、売却時の「取得費」に土地にかかった「相続税」を加算できるという特例があり ...

2018/11/13

土地・不動産

相続した土地の売却益を分配するための流れとトラブル対処法

相続した土地の売却価格を調査する まずは、相続した土地が実際にはどれくらいの価格で売却できそうなのかを探りましょう。調査方法は簡単です。不動産情報サイトなどで、相続した土地の近隣地域にある、似たような ...

2018/11/12

土地・不動産

相続した土地を分筆する際の手続きと、かかる費用について

ステップ1:境界確定測量 相続した土地の境界が確定していない場合は、分筆することができません。そのため、どんな土地であっても、まずは境界確定測量を行います。 境界確定測量ではまず、登記簿、公図、区画整 ...

2018/11/09

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.