土地・不動産 2018.09.16

土地の相続で相続人が先に死亡している場合、誰が相続する?

土地を相続できる機会は、被相続人との親族関係が近い人から順に訪れます。

しかし、相続させたい土地があるのに、相続させる相手が先に死亡しているとしたら、誰が土地を相続するのでしょうか。また、土地を相続する可能性を持つ相続人が一人もいなくなったら、どうすれば良いのでしょうか。

この記事では、これら2つの疑問点について解説します。

記事ライター:棚田行政書士

土地を相続するための法定順位

土地などの遺産を相続できるのは、被相続人の家族のうち一部の人のみです。誰が相続人になるかについて、民法では一位から三位までの順位を定めているためです。

第一順位は、被相続人の直系卑属です。

卑属とは、子供や孫など、自分の下の代の人のことを表します。被相続人に子供がいれば、第一順位の相続人です。子供が被相続人より先に死亡している場合は、孫やひ孫が代わりに相続人となる「代襲相続」が発生します。

第二順位は、被相続人の直系尊属です。

尊属とは、親や祖父母など、自分の上の代の人のことを表します。第一順位の相続人が存在しないか、相続開始前にすでに死亡している場合に限り、第二順位の相続人が相続します。

第三順位は、被相続人の兄弟姉妹です。

被相続人の直系卑属も直系尊属も死亡している場合に限り、相続人となります。相続開始前に兄弟姉妹も死亡しているものの、兄弟姉妹に子供がいる場合は、代襲相続が発生します。

被相続人の配偶者は、被相続人より先に死亡していない限り、必ず相続人です。第一から第三のいずれの順位の相続人も死亡しているなら、配偶者が土地を含む全財産を単独で相続することになります。

 

土地を相続する配偶者が死亡している場合

被相続人となる人が、自分の死亡後は配偶者に土地を相続させようとしていたものの、配偶者が先に死亡している場合もあります。

その場合は、被相続人の子供が土地を相続できます。子供が相続放棄をしていたり、相続欠格や廃除で土地を相続できなかったりした場合は、代襲相続で孫やひ孫が土地を相続することもできます。

孫が死亡していて、ひ孫はいないという場合は、第二順位の相続人が土地を相続する可能性が生まれます。

 

土地を相続する子供が死亡している場合

第二順位の相続人である、被相続人の父母や祖父母が相続人として土地を相続します。父母と祖父母、どちらかが死亡している場合は、健在の方が土地の相続人になれます。

父母も祖父母も健在の場合は、双方のうちで被相続人に世代の近い父母を優先して、相続人とします。土地を相続できる父母も、祖父母も先に死亡している場合は、第三順位の相続人に土地の相続権が移行します。

 

土地を相続する父母・祖父母が死亡している場合

被相続人の父母や祖父母が先に死亡しているなら、被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。兄弟姉妹が相続人になるのは、被相続人の子供や両親などが全員先に死亡しているか、全員が相続放棄したなどの場合のみです。

比較的まれなケースであり、偶然性の高い相続となるでしょう。

土地を相続できるはずだった兄弟姉妹も、被相続人より先に死亡している場合があります。被相続人から見た甥か姪にあたる兄弟姉妹の子供がいれば、代襲相続をして親の代わりに土地を相続できます。

甥や姪まで先に死亡している場合、それより下の代への代襲相続は発生しません。

 

土地を相続する兄弟姉妹が死亡している場合

被相続人の兄弟姉妹は、土地を相続できる可能性を持つ最終順位の相続人でした。では、兄弟姉妹までが先に死亡しているなら、どうなるのでしょうか。

この場合は前述の通り、死亡した兄弟姉妹に甥や姪である子供がいれば、代襲相続が可能です。甥や姪がいなければ、相続人になり得る人はひとりもいなくなったということで、「相続財産管理人」を立てることになります。

 

土地の相続人がいないなら「相続財産管理人」を選任

土地は、誰かが相続して面倒を見なければならない財産です。誰も管理しなくなった土地は、思わぬことで近隣へ損害を与える可能性もあります。土地だけでなく、他の財産も誰かが管理しなければなりません。

そこで、相続人がいなくなった場合には、家庭裁判所へ相続財産管理人の選任を申し立てることになります。

相続財産管理人の選任申立ができるのは、土地やその他の財産について、利害関係にある人や検察官などです。

相続財産管理人が選任されると、相続人の代わりに土地などの財産を管理しつつ、相続人や相続財産の再調査や、相続財産の換価作業を行います。

相続財産から債権者や特別縁故者などへの支払いを終えても、まだ財産が残る場合は、残った財産を国庫に帰属させます。これで、相続財産管理人の業務は終了します。

 

まとめ

土地を相続させようと思っている相手が死亡している場合は、次の順位の相続人が土地を相続することになります。相続人が誰一人いなくなる可能性は低いですが、家族の人数が少ない場合は、自分の死亡後に土地などの財産をどう処分したいか、遺言しておく必要があるでしょう。

関連記事

土地・不動産

相続した土地を3年以内に売却するメリットとは?

3年以内なら「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を適用可能 相続した土地を、相続税の申告期限から3年以内に売却した場合には、売却時の「取得費」に土地にかかった「相続税」を加算できるという特例があり ...

2018/11/13

土地・不動産

相続した土地の売却益を分配するための流れとトラブル対処法

相続した土地の売却価格を調査する まずは、相続した土地が実際にはどれくらいの価格で売却できそうなのかを探りましょう。調査方法は簡単です。不動産情報サイトなどで、相続した土地の近隣地域にある、似たような ...

2018/11/12

土地・不動産

相続した土地を分筆する際の手続きと、かかる費用について

ステップ1:境界確定測量 相続した土地の境界が確定していない場合は、分筆することができません。そのため、どんな土地であっても、まずは境界確定測量を行います。 境界確定測量ではまず、登記簿、公図、区画整 ...

2018/11/09

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.