土地・不動産 2019.01.30

相続した不動産を共有することのメリット・デメリット

不動産を相続しなければならない場面になると、「とりあえず共有しておこう」と考える相続人がいます。
しかし、相続した不動産の共有をめぐるトラブルは全国的に頻発しており、仲の良かった家族の絆が不動産の共有によってボロボロになってしまうことも、決して珍しくありません。この記事では、相続した不動産を共有することに伴うデメリットに重きをおいて解説します。

記事ライター:棚田行政書士

相続した不動産を共有するメリット

相続した不動産を共有する人が多いことからも分かるように、不動産を共有することには若干のメリットもあります。

1.遺産分割が簡単

相続における遺産分割の段階では、相続財産ごとに相続人を決める必要があります。不動産の場合、相続したいという相続人が複数人いたり、逆に誰も相続したくないと言うことで、誰が相続するのかがなかなか決まらなかったりすることも多いものです。

共有する場合は、相続人全員の共有名義として登記をするだけで良い上に、相続人全員が不動産の権利者になれます。

2.不動産を公平に分割できる

相続人が複数人いる場合には必ず、不公平にならない仕方で相続財産を分割する必要が出てきます。この点で、物理的に分割することのできない不動産の存在が障害になることは、言うまでもありません。

不動産を共有にするならば、相続人それぞれの相続分にしたがって不動産が公平に分割されることになるため、相続人が不満を感じない仕方で遺産分割ができます。

 

相続した不動産を共有するデメリット

実際のところ、相続した不動産を共有することは、メリットよりもデメリットの方がはるかに多くなります。代表的な4つのデメリットを見てみましょう。

1.共有者が時間と共に増える

共有から時間が経過すれば、共有者のうちの誰かが亡くなり、今度は被相続人の立場になることも十分考えられます。

そうなると、時間の経過と共にどんどん共有者の人数は増えていき、ひとつの不動産における共有持分は細分化されていくでしょう。

共有者の人数が増えるということは、不動産について非協力的な人が現れるリスクが高くなるということも意味します。

共有されている不動産は、何をするにしても共有者全員の意思が一致しなければなりません。やむなく共有にするなら、一刻も早く共有状態を解消するように努めましょう。

2.共有者の遺産相続が困難に

先ほど述べたように、共有者が亡くなれば今度はその人の遺産相続がスタートします。その人の相続人は、共有されている不動産のうち、被相続人の共有持分についてのみ遺産分割をしなくてはなりません。

他にも権利者がいる不動産の一部を欲しい、と思う相続人はまずいないため、相続人同士がお互いに押し付けあう可能性があります。結果として、相続人たちの関係を悪化させてしまうことでしょう。

共有されている不動産の遺産分割でもめにもめてしまった場合は、家庭裁判所に申し立てることで不動産の遺産分割について調停や審判をしてもらうことも可能ですが、相続人に多大な労力をかけることに変わりはありません。

3.自分の自由にはならない

共有されている不動産は、多くの行為について共有者全員で行わなければなりません。そのため、売却したり、建物を建てたりする場合は、共有者全員が同意している必要があります。一部の権利を持っているだけでは、自由に不動産を活用することは難しいのです。

自由にできないので共有状態から抜けたいと思っても、一筋縄ではいきません。他の共有者に自分の持分を買い取ってもらうことで共有状態から抜けることはできますが、うまく買い取ってもらえる可能性は低いため、最悪の場合は無償で譲渡することになります。

共有持分の買い取りを実施する不動産会社も少数ながらありますが、相当な安値で売らなければならないでしょう。

4.金銭的な犠牲

相続した不動産を共有するなら、共有者全員は不動産にかかる税金についても分担することになります。

たいていの場合、共有することにした不動産に自分が住んでいるとか、頻繁に使用しているということはありません。それなのに税金を払わなければならないとしたら、不満が募るとしても無理はないでしょう。

共有した不動産が賃貸物件の場合、本来であれば共有者として受け取る権利のある賃料などが適正に支払われなくなるというケースもあります。

共有者同士が近しい関係にあるため、お互いに甘えが起こりやすく、共有者のうちの誰かが金銭的な点でルーズになることも十分考えられるでしょう。

 

まとめ

相続した不動産の共有は、当事者の力だけではとても解決できないほど深刻なトラブルに発展することもあります。

「うちは家族みんな仲が良いから大丈夫」と考えていた人たちが、二度とお互いの顔を見たくないと言うほどに憎み合うことも珍しくありません。他人事と思わず、相続した不動産の共有は極力避けたほうがよいでしょう。

関連記事

土地・不動産

相続不動産を売却した際の譲渡所得の計算における取得費はどうなる?

相続不動産を売却した際の譲渡所得とは? 相続した不動産を売却した際には、売却によって得られた利益に対して所得税が課税されます。譲渡所得とは、譲渡、つまり売却によって得られた利益のことを指しており、譲渡 ...

2019/02/14

土地・不動産

不動産を相続するなら取っておくと便利な資格とは?

不動産相続に役立つ資格1:宅地建物取引士 不動産を相続すると、不動産を貸したり、売ったりする可能性が出てきます。そこで、おすすめなのが宅地建物取引士という資格です。 宅地建物取引士という資格は、法律の ...

2019/02/12

土地・不動産

不動産を相続する際に必要な戸籍謄本などの必要書類について

不動産相続で戸籍謄本が必要になる理由とは? 不動産相続に限らず、遺産相続が発生した際には、相続人を特定するために被相続人の戸籍謄本が必要になります。 通常の家族であれば、わざわざ戸籍謄本など取らなくて ...

2019/02/08

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2019 AllRights Reserved.