土地・不動産 2019.02.26

不動産の相続で所有権移転登記を行う際の必要書類や注意点

不動産の相続があったときには、法務局で所有権移転登記をする必要があります。今回は、相続の際の不動産の所有権移転登記について、必要書類や注意しておくべき点について説明します。

記事ライター:ゆらこ行政書士

不動産の相続があったら所有権移転登記で名義変更する

不動産の所有権移転登記とは?

所有権移転登記とは、法務局で不動産の所有者の名義を変更する手続きです。不動産については、取引の安全のため、所有者などの情報が法務局で登記されています。不動産の所有者が変わったら、所有権移転登記を行って、法務局の登記記録を書き換えることになります。

相続登記とは?

相続が起こったときに行う不動産の登記は、一般に相続登記と呼ばれます。所有権移転登記の「登記原因」には売買や贈与などさまざまなものがありますが、相続も登記原因の1つです。相続登記とは、相続を登記原因とする所有権移転登記のことです。

相続登記はいつまでにする?

不動産の相続に関して、所有権移転登記の期限は定められていません。しかし、相続登記はできるだけ早めにすべきです。

所有権移転登記をしない限り、他人に対しては自らが不動産の所有者であると言えず、不動産を売却したくてもできないことになります。

相続登記をせずに放置している間に次の相続が発生すれば、不動産についての権利関係が複雑化してしまいます。登記原因発生後、何年も経過してから所有権移転登記をする場合、必要な書類が揃えられず、手続きが難航してしまうことが考えられます。

 

相続を原因とする所有権移転登記の必要書類

相続を原因とする所有権移転登記には3パターンある

相続を原因とする所有権移転登記は、不動産の相続の仕方によって、次の3つに分かれます。各パターンで、必要書類も変わります。

法定相続による所有権移転登記

法定相続人が法定相続分で不動産を相続する形の登記です。相続開始後、遺産分割が終わるまでは法定相続の状態で、法定相続の状態を登記することも可能です。

【必要書類】

①戸籍謄本一式(被相続人の出生から死亡までの戸籍、被相続人と相続人全員とのつながりがわかる戸籍、相続人全員の現在の戸籍がすべて必要)

②相続人全員の住民票または戸籍附票

③被相続人の除票または戸籍附票

遺産分割協議による所有権移転登記

遺産分割協議により不動産を相続する人が決まった場合の登記です。

【必要書類】
①戸籍謄本一式(被相続人の出生から死亡までの戸籍、被相続人と相続人全員とのつながりがわかる戸籍、相続人全員の現在の戸籍がすべて必要)

②不動産を相続する人の住民票または戸籍附票

③被相続人の除票

④遺産分割協議書(相続人全員が実印で押印)

⑤相続人全員の印鑑証明書(3か月以内のものでなくても可)

遺言による所有権移転登記

被相続人が遺言で不動産を相続する人を指定している場合の登記です。

【必要書類】
①戸籍謄本(被相続人の死亡時の戸籍、不動産を相続する人の現在の戸籍、両者のつながりが分かる戸籍が必要)

②不動産を相続する人の住民票または戸籍附票

③被相続人の除票または戸籍附票

④遺言書(自筆証書遺言は検認済証明書も必要)

所有権移転登記の際には固定資産評価額を証明する書類が必要

相続を原因とする所有権移転登記をする際には、登録免許税の計算のため、不動産の固定資産評価額を証明する書類が必要になります。役所で取得した固定資産評価証明書か、固定資産税の納税通知書に付いてくる課税明細のコピーを提出します。

相続を原因とする所有権移転登記の登録免許税は、不動産の固定資産評価額の0.4%となっています。

 

相続を原因とする所有権移転登記を自分でする場合の注意点

所有権移転登記は自分で手続きすることも可能

法務局での所有権移転登記の手続きは、自分ですることもできます。自分で手続きする場合には、登記申請書を作成し、上記の必要書類を添付して法務局に提出します。

相続を原因とする所有権移転登記の申請書を作成するときには、法務局のホームページの記載例を参考にします。

法務局:不動産の登記申請書の様式及び記載例(18~22)

法定相続の登記も他の相続人の委任状をもらった方がいい

法定相続による所有権移転登記は、相続人のうちの1人でも申請が可能です。しかし、他の相続人から委任状をもらって、相続人全員が申請する形にした方が無難でしょう。

相続人の1人が登記申請した場合、登記完了後に発行される登記識別情報通知が申請人の分しか交付されないという不都合が生じてしまいます。

登記識別情報通知は、不動産の権利証に代わるもので、次に不動産を売却等する場面では必要になるものですから、相続人全員が交付を受けられるようにしておきましょう。

関連記事

土地・不動産

不動産の相続登記はいつまでにすべき?相続時の遺産分割や登記の期限を解説

不動産の相続登記の期限はいつまで? 不動産は相続登記で名義変更する 相続登記とは、不動産の相続があった後、法務局で行う名義変更の手続きです。登記制度により、不動産の所有者が誰であるかは、法務局にデータ ...

2019/03/22

土地・不動産

不動産を相続したときの税金が安くなる!評価額をたった2割にできる特例とは?

不動産の相続で必ず知っておきたい「小規模宅地等の特例」 不動産を相続して相続税がかかるケース 相続税がかかるのは、不動産を含む相続財産(一部の生前贈与なども含む)の価格が、次の基礎控除額を超える場合で ...

2019/03/20

土地・不動産

相続した不動産の「相続登記」手続きに必要な書類を紹介

遺言で不動産を相続する場合に必要な書類 遺言書に、自分に不動産を相続させるという指示があった場合には、原則としてその指示に従って手続きすることになります。遺言書によって不動産を相続する際のおもな必要書 ...

2019/03/18

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2019 AllRights Reserved.