遺産相続・遺産分割 2018.03.14

遺産相続における養子縁組のポイント

遺産相続では、被相続人の法定相続人が遺産分割を行います。法定相続人の中に養子縁組を結んでいる養子がいる場合もありますが、実の子どもと比較して特別な制約を課されることはありません。ただし、人数に関する一定条件があります。

この記事では、養子縁組に関連した遺産相続における留意点を含め、遺産相続での養子縁組のポイントを解説します。

記事ライター:棚田行政書士

遺産相続できる養子の人数制限について

遺産相続は、相続人それぞれに遺産を分配し、相続税の納税を終えると完了します。その相続税の税額を決める上で重要なのが、遺産相続をする相続人の人数です。

次の4つの項目は、遺産相続する相続人の人数をもとに算出されます。

1.相続税の基礎控除額
2.生命保険金の非課税限度額
3.死亡退職金の非課税限度額
4.相続税の総額の計算

控除額や非課税限度額については、相続人が多いほど大きくなります。相続税の総額も相続人の人数で割って算出されるため、相続人が多いほど相続人一人あたりの相続税の負担額も小さくなります。

養子縁組している養子を遺産相続する相続人のひとりに数える場合は、その人数に制限が設けられています。被相続人に、実の子どもがいるかどうかがポイントとなります。

被相続人に実の子どもがひとりでもいる場合には、遺産相続できるのは養子1人までです。被相続人に実の子どもがいない場合は、養子縁組している養子を2人まで相続人とすることができます。

ただし、遺産相続で養子を相続人とすることが相続税の税額を不当に軽減することになると判断される場合には、どちらの場合も養子を相続人にすることは認められません。

 

実の子どもと、養子である子どもの遺産相続の違いとは

養子だと遺産相続では不利になるのでは?というイメージがあるかもしれません。しかし、実の子どもと養子縁組を結んでいる子どもが一緒に遺産相続する場合、これと言った違いは生まれません。相続できる遺産の量や相続税の額も、実子か養子かで差別されることはありません。

相続人の最低限の相続分を保証する「遺留分」も、養子である子どもに対しても実の子と同様に保証されています。

 

遺産相続で実の子として扱われる養子の条件

次の条件のうちどれかに当てはまる養子は、遺産相続の際に養子ではなく実の子どもとして扱われます。

1.被相続人との特別養子縁組により被相続人の養子となっている人

2.被相続人の配偶者の実の子供で被相続人の養子となっている人

3.被相続人と配偶者の結婚前に特別養子縁組によりその配偶者の養子となっていた人で、被相続人と配偶者の結婚後に被相続人の養子となった人

4.被相続人の実の子ども、養子または直系卑属がすでに死亡しているか相続権を失ったため、その子供などに代わって相続人となった直系卑属(代襲相続人)

この条件に当てはまる養子は、何人いたとしても全員が相続人として数えられることになります。

 

遺産相続できる養子の条件

養子に遺産相続させる場合は、普通養子縁組または特別養子縁組を結んでいる正式な養子であることが必須条件です。単に生計を共にしているだけでは、相続人として認められません。

これに関連して留意すべき点として、配偶者の連れ子と養子縁組を結んでいない場合、原則としてその子は相続人にはなれません。連れ子にも遺産相続をさせたい場合は、正式な養子縁組を結んでおく必要があります。

 

養子縁組に関連する、遺産相続できないケース

遺産相続で、養子縁組や養子に関して設けられている制限は以下です。

被相続人の実子だが、他家と特別養子縁組を結んでいる子ども

普通養子縁組では、実の両親および養親との親子関係を同時に維持することとなります。対して特別養子縁組では、実の両親との戸籍上の親子関係を断ち切り、養親との親子関係のみを持つことになります。

被相続人に他家と特別養子縁組をさせた実の子どもがいる場合は、その子どもはすでに被相続人との親子関係を持っていないことになるため、被相続人の遺産相続で相続人になることはできません。

被相続人の実の子どもで普通養子縁組を結んでいる子どもについては、実の両親と養親のどちらの遺産相続でも相続人となることが可能です。

養子縁組前に誕生している、養子の子ども

養子縁組をして迎えた養子に、養子縁組当時すでに子どもがいた場合、その子どもは被相続人の直系卑属とは見なされないため、代襲相続人になって遺産相続することはできません。養子縁組後に誕生した養子の子どもであれば、問題なく代襲相続人になれます。

 

まとめ

遺産相続では、養子と実の子どもの間で生じる差はほとんどありません。しかし相続税逃れのための養子縁組も多いため、遺産相続のために養子縁組をしたと見なされると相続人として認められないケースがあります。養子縁組をするなら、早めの手続きを心がけましょう。

関連記事

遺産相続・遺産分割

遺産分割で寄与分が認められるのはどんなケース?

遺産分割で考慮すべき寄与分とは? 遺産分割については話し合いで決める 相続の際に相続人が複数いれば、相続人の間で遺産を分ける「遺産分割」が必要になります。遺産分割については、相続人全員で話し合って決め ...

2018/06/14

遺産相続・遺産分割

遺産分割とは?相続人が複数いる場合に必要な手続きについて

遺産分割とは共有になっている相続財産を分割すること 相続財産は相続開始と同時に相続人の共有になる 相続では、被相続人が亡くなると同時に、被相続人の所有していた財産が相続人に移転します。相続人が一人だけ ...

2018/06/13

遺産相続・遺産分割

相続財産の分割方法が決まらない場合にはどうする?

遺言のない相続では遺産分割が必要 遺産分割で共有している相続財産を分ける 相続では、亡くなった人が遺言を残していなければ、法定相続人が相続財産を引き継ぐことになります。法定相続人が複数いる場合には、全 ...

2018/06/12

遺産相続・遺産分割

相続とは何か

相続とは? 相続とは、亡くなった人の財産を相続人が引き継ぎ、財産を次世代へ受け継いでいくことです。現金や預貯金、土地や建物などの不動産といったプラスの財産は勿論ですが、借金やローンなどのマイナスの財産 ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

生命保険は相続対策になる?

生命保険で相続対策となる仕組み 生命保険がなぜ相続対策になるのかということですが、まず生命保険の支払いを相続財産、つまり被相続人が支払うことにより相続財産を減らすことができます。 相続財産が減るという ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

遺産分割に大きく影響する寄与分とは?

被相続人に貢献した人は、「寄与分」という取り分がある?! 遺産分割協議による話し合いにおいては、様々な主張が繰り広げられますが、もめているケースで多いのが、被相続人に対する貢献度にみあった財産を相続さ ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.