遺産相続・遺産分割 2018.03.31

遺産相続で預貯金がある場合の注意点

遺産相続が発生したとき、亡くなった人が預貯金を持っていることは多いはずです。預貯金は、いくらあるのかがわかりにくく、どのように分けたらよいのかも悩んでしまいがちです。ここでは、遺産相続で預貯金がある場合、注意しておきたい点について説明します。

記事ライター:ゆらこ行政書士

遺産相続では預貯金も遺産分割の対象になる?

・遺産相続では可分債権は遺産分割の対象にならない

遺言のない遺産相続では、相続開始と同時に相続財産を相続人全員で共有することになるため、各相続人に分ける遺産分割の手続きが必要になります。遺産分割には、相続人全員が話し合いをする遺産分割協議を行う必要があります。

ところで遺産相続では、遺産のすべてが遺産分割の対象になるというわけではなく、一部遺産分割の対象にならないものがあります。

遺産分割の対象にならないのは、可分債権(性質上分割が可能な債権)です。遺産相続発生後、可分債権は、遺産分割協議を行うまでもなく、各相続人が当然に相続分ずつ相続することになります。

・最近まで預貯金は遺産分割の対象にならないとされていた

遺産分割の対象とならない可分債権の代表的なものは、金銭債権です。たとえば、貸付金債権は金銭債権ですから、相続分ずつ当然に分割され、預貯金も、預貯金の払戻請求権という金銭債権になります。

そのため最近までは、遺産相続で預貯金が相続財産に含まれる場合、預貯金については遺産分割の対象にならないと考えられていました。

判例でも、共同相続人間で遺産分割の対象とする旨の合意がない限り、預貯金は原則として遺産分割の対象にならないとされてきました。

ただし、実際には遺産分割協議前の法定相続分の預貯金の払戻しに応じない金融機関も多かったため、預貯金についても遺産分割協議で相続人を決めるのが通常でした。

・判例変更により預貯金も遺産分割の対象に

平成28年、最高裁は判例を変更し、遺産相続では、預貯金も遺産分割の対象となるという判断を示しました。これにより、現在は遺産相続が発生しても、預貯金が法定相続分で当然に分割される扱いにはなっていません。

遺言のない遺産相続の場合、金融機関においても、遺産分割協議書や調停調書など遺産分割したことを証明する書面を提出しなければ、亡くなった人の預貯金の払戻しには応じてもらえません。

遺産相続で預貯金がある場合、遺産分割協議が終わるまでは、金融機関で払戻しを受けることはできない状態となっています。

 

遺産相続発生後、預貯金はどうやって調べる?

・遺産相続発生後、預貯金がある金融機関を突き止める方法

遺産相続開始後、被相続人の預貯金を調査するためにやるべきことは、被相続人の自宅など身辺を探し、預貯金の手がかりを探すことです。

通帳やキャッシュカードのほか、ATMの利用明細、郵便物、メモ帳などの粗品が見つかれば、少なくとも取引していた金融機関についてはわかります。取引金融機関がわかれば、残高照会をして預貯金残高を調べることができます。

・遺産相続発生後、相続人が預貯金の残高照会をする方法

亡くなった人の預貯金の残高照会は、ATMで残高照会したり通帳記入をしたりする方法ではできないことがあります。というのも、金融機関は預貯金の口座名義人の死亡を知った後、すぐに口座を凍結するので、ATMの利用ができなくなってしまうからです。

遺産相続発生後、被相続人の預貯金の残高照会をするときには、金融機関に残高証明書の発行を請求する方法で行います。

残高証明書の請求は、相続人全員で合意してから行う必要はなく、各相続人が単独でできます。残高証明書を請求するときには、相続人であることがわかる戸籍謄本等のほか、各金融機関で要求されている必要書類を用意し、窓口に出向く必要があります。

 

遺産相続発生後の預貯金の相続手続きの流れ

遺産相続発生後、預貯金の払戻しを受けて相続手続きを完了するまでは、次のような流れになります。

1.金融機関に申し出

遺産相続が開始したら、口座名義人が亡くなったことを金融機関に申し出ます。これにより被相続人の預貯金口座は凍結されます。申し出を行ったときに、相続手続きに必要な書類や相続手続きの方法も確認します。

2.遺産分割協議

遺産分割協議を行って、預貯金を相続する人を決めます。遺産分割協議が成立したら、遺産分割協議書を作成します。

3.金融機関に書類を提出

金融機関に必要書類を提出して、預貯金の相続手続きを行います。通常、提出が必要となるのは、次のような書類です。

○相続手続依頼書(各金融機関で用意されているもの)
○遺産分割協議書
○相続人全員の印鑑証明書
○相続関係がわかる戸籍謄本一式

4.預貯金の払戻し

金融機関での手続き完了後、被相続人の預貯金が現金で払戻しされたり、相続人の口座へ振り込まれたりすることになります。

関連記事

遺産相続・遺産分割

遺産分割で寄与分が認められるのはどんなケース?

遺産分割で考慮すべき寄与分とは? 遺産分割については話し合いで決める 相続の際に相続人が複数いれば、相続人の間で遺産を分ける「遺産分割」が必要になります。遺産分割については、相続人全員で話し合って決め ...

2018/06/14

遺産相続・遺産分割

遺産分割とは?相続人が複数いる場合に必要な手続きについて

遺産分割とは共有になっている相続財産を分割すること 相続財産は相続開始と同時に相続人の共有になる 相続では、被相続人が亡くなると同時に、被相続人の所有していた財産が相続人に移転します。相続人が一人だけ ...

2018/06/13

遺産相続・遺産分割

相続財産の分割方法が決まらない場合にはどうする?

遺言のない相続では遺産分割が必要 遺産分割で共有している相続財産を分ける 相続では、亡くなった人が遺言を残していなければ、法定相続人が相続財産を引き継ぐことになります。法定相続人が複数いる場合には、全 ...

2018/06/12

遺産相続・遺産分割

相続とは何か

相続とは? 相続とは、亡くなった人の財産を相続人が引き継ぎ、財産を次世代へ受け継いでいくことです。現金や預貯金、土地や建物などの不動産といったプラスの財産は勿論ですが、借金やローンなどのマイナスの財産 ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

生命保険は相続対策になる?

生命保険で相続対策となる仕組み 生命保険がなぜ相続対策になるのかということですが、まず生命保険の支払いを相続財産、つまり被相続人が支払うことにより相続財産を減らすことができます。 相続財産が減るという ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

遺産分割に大きく影響する寄与分とは?

被相続人に貢献した人は、「寄与分」という取り分がある?! 遺産分割協議による話し合いにおいては、様々な主張が繰り広げられますが、もめているケースで多いのが、被相続人に対する貢献度にみあった財産を相続さ ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.