遺産相続・遺産分割 2018.04.08

遺産相続はいつから対策を始めるべき?

遺産相続をトラブルなく進めるためには、事前の対策が必要不可欠です。遺産相続の対策には、いつからでもスタートできるものもあれば、ある程度財産のゆとりが出てきてから始めた方が良いことまで様々です。
しかし、事情が許すなら、早めに遺産相続対策をしておくことに越したことはありません。遺産相続の対策はいつからすべきか、その具体的な内容も含めて解説します。

記事ライター:棚田行政書士

遺産相続の対策は「早め」に

遺産相続対策をいつから始めれば良いか?という問いには、「できるだけ早めに」というのが回答になるでしょう。

人間である以上、直近で健康であっても、事故や災害など突発的な事態によって、突然命を落とす可能性もないわけではありません。

遺産相続対策としてすでに行えることがあるなら、「いつから始めようか」ではなく「もう準備しておこうか」と考え、早めの遺産相続対策を講じておくことは賢いことでしょう。

 

遺産相続対策として、いつからでもできること

では、遺産相続対策としていつからでもスタートできることを4つご紹介します。どれも、若い人にとっても有意義な遺産相続対策です。

大切な書類の保管場所を限定し、家族に知らせておく

通帳や株式、借金などがある場合は借用証書など、大切な書類は1〜2箇所に限定して保管しておき、可能であれば家族に知らせておきましょう。

遺産相続が始まると、相続人はこういった書類をすべてかき集めて相続財産の調査をしなければならないため、事前に保管場所が分かっていれば大変助かることでしょう。

訃報を知らせてほしい連絡先のリストを作っておく

人が亡くなると、その人を取り巻く色々な人が影響を受けます。友人や知人はもちろんですが、離れて暮らす家族や親族、職場の人や取引先の人など、特に急いで訃報を知らせなければならない相手もいるかもしれません。

そのような人の連絡先を、遺族が調査して知ることは難しい場合があります。自分で連絡先リストを作成しておき、連絡の優先順位や自分との関係性なども記載しておくなら、遺族としては助かるでしょう。

連絡先リストがあれば、葬儀をどの程度の規模で行う必要があるかも遺族が把握しやすくなります。

遺言書を作成しておく

遺産相続対策の基本とも言えるのが、遺言書の作成です。自筆証書遺言であれば作成費用も必要ありませんし、法定の書式さえ守れば、自分ひとりで法的に有効な遺言書を作成できます。

遺言書には、自分の財産を遺産相続する相続人の間でどのように処分してほしいかなどを記載します。遺言の内容には、法的効力を持たせることができるものとそうでないものがあるため、よく調べて作成しましょう。

エンディングノートを作成しておく

近年ブームともなっているのが、エンディングノートです。

法的な書類ではありませんので、自由に作成できます。自分が生まれてから今までの人生の記録や、家族や友人へのメッセージ、自分の財産の内容や遺産相続に関する希望、死の前後に叶えて欲しい願いなどを書くことが多いようです。

「介護が必要になった時に私に判断能力がなかったら、○○の施設へ入所させてほしい」とか、「延命治療は望まない」など、自分が意思表示できなくなった場合に備えたメッセージや希望も自由に記載できるため、遺言書とは別に作成しておくと良いかもしれません。

エンディングノートは遺産相続に必要なものではありませんが、自分が健常なうちに作成しておくことで、万が一の事態が起きたとしても自分の意思を家族に知ってもらえます。

 

遺産相続対策として、高齢になったらしておきたいこと

先に紹介した、いつからでもできる遺産相続対策に加え、高齢になり財産にゆとりができたら是非行いたい対策もあります。

主に、次の2つの相続税対策です。

生前贈与を行う

遺産相続になると、相続財産には相続税がかけられてしまいます。上手に生前贈与をしておけば、遺産相続で相続される財産は減り、結果として相続税も減らすことができます。

贈与は贈与で、贈与税という税がかかってきますが、年間110万円の基礎控除や教育資金贈与、配偶者控除など、各種制度を活用することで早期に非課税で財産を譲ることができます。

ただし、財産を譲る側の生活のこともありますので、ある程度財産にゆとりができた時期から始めるのが良いでしょう。

財産の評価額を下げておく

土地に賃貸住宅を建設するなどして財産の評価額を下げておくことも、遺産相続でかかってくる相続税を軽減するための対策となります。

ただし、この場合、入居者が思ったように集まらず、収支バランスが崩れるリスクも持ち合わせています。

 

まとめ

遺産相続のためにできる対策は、若いうちからでも行えることがたくさんあります。生前に遺産相続の準備をしておくことは自分だけでなく家族のためにもなりますから、先延ばしにせず早めに遺産相続対策に着手しましょう。

関連記事

遺産相続・遺産分割

遺産分割で寄与分が認められるのはどんなケース?

遺産分割で考慮すべき寄与分とは? 遺産分割については話し合いで決める 相続の際に相続人が複数いれば、相続人の間で遺産を分ける「遺産分割」が必要になります。遺産分割については、相続人全員で話し合って決め ...

2018/06/14

遺産相続・遺産分割

遺産分割とは?相続人が複数いる場合に必要な手続きについて

遺産分割とは共有になっている相続財産を分割すること 相続財産は相続開始と同時に相続人の共有になる 相続では、被相続人が亡くなると同時に、被相続人の所有していた財産が相続人に移転します。相続人が一人だけ ...

2018/06/13

遺産相続・遺産分割

相続財産の分割方法が決まらない場合にはどうする?

遺言のない相続では遺産分割が必要 遺産分割で共有している相続財産を分ける 相続では、亡くなった人が遺言を残していなければ、法定相続人が相続財産を引き継ぐことになります。法定相続人が複数いる場合には、全 ...

2018/06/12

遺産相続・遺産分割

相続とは何か

相続とは? 相続とは、亡くなった人の財産を相続人が引き継ぎ、財産を次世代へ受け継いでいくことです。現金や預貯金、土地や建物などの不動産といったプラスの財産は勿論ですが、借金やローンなどのマイナスの財産 ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

生命保険は相続対策になる?

生命保険で相続対策となる仕組み 生命保険がなぜ相続対策になるのかということですが、まず生命保険の支払いを相続財産、つまり被相続人が支払うことにより相続財産を減らすことができます。 相続財産が減るという ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

遺産分割に大きく影響する寄与分とは?

被相続人に貢献した人は、「寄与分」という取り分がある?! 遺産分割協議による話し合いにおいては、様々な主張が繰り広げられますが、もめているケースで多いのが、被相続人に対する貢献度にみあった財産を相続さ ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.