相続人・遺留分 2017.12.22

法定相続人が兄弟姉妹になるケースの注意事項

相続が発生したとき、亡くなった人の兄弟姉妹が法定相続人になるケースがあります。兄弟姉妹は親族の中でも比較的遠い関係なので、遺産分割の際にトラブルになることも考えられます。ここでは、法定相続人が兄弟姉妹になるケースについて説明します。兄弟姉妹が法定相続人にならないかを確認し、必要であればトラブル防止の対策をしておきましょう。

記事ライター:ゆらこ行政書士

法定相続人が兄弟姉妹になるケースとは?

相続の優先順位

人が亡くなったとき、相続人になる人の範囲は民法で定められており、法定相続人と呼ばれます。亡くなった人(被相続人)に配偶者がいれば、配偶者は必ず法定相続人になります。また、配偶者以外では、以下の順位の高い人から優先的に法定相続人になります。

①第1順位 子

被相続人に子がいれば、子が優先的に法定相続人になります。子が被相続人よりも前に亡くなっている場合、その子(被相続人の孫)がいれば代襲相続により第1順位の法定相続人になります。孫がいなくても、ひ孫がいればひ孫といったように、代襲相続は続きます。

②第2順位 直系尊属

被相続人に子や孫がいない場合、被相続人の直系尊属のうち最も近い世代の人が法定相続人になります。被相続人の父母が生きていれば父母が法定相続人になります。父母ともいない場合でも、祖父母が生きていれば法定相続人になります。

③第3順位 兄弟姉妹

第1順位と第2順位の人がいない場合には、被相続人の兄弟姉妹が法定相続人になります。兄弟姉妹が亡くなっていれば、その子(被相続人の甥または姪)が代襲相続します。なお、兄弟姉妹の代襲相続は、甥・姪の代までとなります。

 

法定相続人が兄弟姉妹になる場合の相続割合は?

法定相続分は相続できる割合

法定相続人が遺産のうちどれだけを相続できるかについては、その割合が民法に定められており、法定相続分と呼ばれています。法定相続分は、法定相続人の組み合わせによって次のように変わります。

(1) 法定相続人が配偶者のみの場合

配偶者が遺産の全部を相続します。

(2) 法定相続人が配偶者と子の場合

配偶者が2分の1、子が2分の1を相続します。子が複数いる場合には、子の相続分を均等に分けます。代襲相続人がいる場合には、代襲される人の相続分を代襲相続人の人数で均等に分分けます。

(3) 法定相続人が配偶者と直系尊属の場合

配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1を相続します。直系尊属が複数いる場合には、直系尊属の相続分を均等に分けます。

(4) 法定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合

配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続します。兄弟姉妹が複数いる場合には、兄弟姉妹の相続分を均等に分けます。代襲相続人がいる場合には、代襲される人の相続分を代襲相続人の人数で均等に分けます。

(5) 法定相続人が子のみ、直系尊属のみ、兄弟姉妹のみの場合

遺産は法定相続人の人数で均等に分けることになりますが、代襲相続人については代襲される人を基準にします。代襲相続人が複数いれば、代襲される人の相続分を代襲相続人の人数で均等に分けます。

片親だけが同じ兄弟姉妹の相続分

兄弟姉妹というのは、父母の両方が同じケースと、父母の片方だけが同じケースがあります。兄弟姉妹が法定相続人になる場合には、片親だけが同じ兄弟姉妹の相続分は、両親が同じ兄弟姉妹の相続分の半分となります。

兄弟姉妹は法定相続人になっても遺留分はない

民法では、遺留分についても規定されています。遺留分とは、法定相続人に与えられた相続財産の最低取得割合のことです。ただし、法定相続人のうち、兄弟姉妹には遺留分が認められていません。遺留分については、次のように定められています。

ア.直系尊属のみが相続人である場合・・・被相続人の財産の3分の1
イ.以外の場合・・・被相続人の財産の2分の1

 

法定相続人が兄弟姉妹になるケースでトラブルを防ぐには?

親も子もいないけれど兄弟姉妹がいる場合の相続

結婚しているけれど子がおらず、親も既に亡くなっている場合、兄弟姉妹がいれば、自分が亡くなったときに配偶者と自分の兄弟姉妹が一緒に相続人になります。

自分の兄弟姉妹は法定相続人といえども配偶者にとっては赤の他人です。親が再婚している場合などは、前婚の兄弟姉妹とは自分も交流がないことも珍しくありません。兄弟姉妹が亡くなっていても、その子まで代襲相続があるため、配偶者はよく知らない人と遺産分割をしなければならず、トラブルになることも考えられます。

遺言を書いておけば兄弟姉妹に相続させなくてすむ

法定相続人が兄弟姉妹になるケースで、遺産分割のトラブルが予想される場合には、遺言を作成しておくのが有効です。上述のとおり、兄弟姉妹には遺留分がありません。配偶者がいる場合には、配偶者に全財産を相続させる旨の遺言を書いておくことで、兄弟姉妹を相続から外すことができます。

関連記事

相続人・遺留分

民法における相続人とは

民法における法定相続人とは 民法は、相続人になる権利があるのは誰かについて定めています。民法によって定められている相続人なので、法定相続人という呼び方をすることもあります。 民法によるところの法定相続 ...

2018/06/19

相続人・遺留分

配偶者死亡の場合、誰が相続人になるのか

配偶者死亡、子ども有りの場合 配偶者死亡の場合でも、子どもがいるなら子どもが相続人になることができます。配偶者を別にすれば、被相続人の子どもは最上位の相続人です。他に被相続人の親や兄弟姉妹がいるとして ...

2018/06/18

相続人・遺留分

相続人を特定する方法とは?

被相続人の戸籍すべてを調べる必要性 相続人を特定するには、被相続人が生まれてから亡くなるまでの一生分の戸籍を集め、調べる必要があります。なぜなら、亡くなった時の家族が存在を把握していない相続人がいるか ...

2018/06/17

相続人・遺留分

法定相続人とは誰を指すの?法律で決められている相続人について解説

相続人についてのルール 相続人には、配偶者相続人(妻又は夫のこと)と血族相続人(血のつながりにより相続が認められている相続人のこと)があり、配偶者相続人は血族相続人と並んで常に相続人となりますが、血族 ...

2017/10/04

相続人・遺留分

遺産相続の順位を確認し、自分が遺産を受けられるかどうか確認しよう

法定相続人とは何か、まずは事前知識から 遺産相続の順位を知る前に、まずは法定相続人とはどういうものかを見ていきましょう。 遺産相続には、血族相続人および配偶者相続人の2種類があります。 このうち、配偶 ...

2017/10/03

相続人・遺留分

親などが亡くなったとき、兄弟でわける遺産相続の割合は?

残された家族に、被相続人の配偶者がいる場合、いない場合 たとえば父親が亡くなってもまだ母親がいる場合は、母親が遺産の半分を受け取ります。残りの半分を、兄弟で分割するという流れになります。兄弟が2人の場 ...

2017/10/03

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.