相続人・遺留分 2018.03.15

子供3人の場合、遺留分はどうなる?

遺産相続で遺言書の通りに遺産を分けてしまうと、遺産をほんの少ししか受け取れない相続人、またはまったく遺産をもらえない相続人が出ることがあります。

一定の相続人には、遺産の中で自分が最低限もらえる取り分が保証されています。そのため自分がもらった遺産が遺留分未満なら、遺留分を上限に請求をすることができます。

ここでは、遺産相続で被相続人の子供3人が相続人になる場合の遺留分と、遺留分の放棄や請求に関する例を取り上げます。

記事ライター:棚田行政書士

子供3人の遺留分の割合

遺留分は、被相続人の遺族の生活保障という趣旨で設けられている制度です。そのため、生活や財産の形成において被相続人とより密接な関係にあると思われる配偶者・子供とその代襲相続人・父母などの直系尊属のみに認められています。

相続人に子供3人が含まれる場合は、当然子供3人にも遺留分があります。遺留分の割合は、相続人が直系尊属のみの場合は遺産全体の1/3、それ以外のケースでは遺産全体の1/2と定められています。

遺留分以外の遺産は、被相続人の意のままに処分できる遺産です。子供3人の遺留分の割合や取り分の量は、相続人の組み合わせによって次の2パターンに分けられます。

配偶者と子供3人が相続人の場合

この場合は、配偶者が遺産全体の1/4、子供3人が遺産全体の1/4の割合で遺留分を持ちます。

該当する相続人が複数人いる場合は頭数で等分した分がそれぞれの遺留分となるので、子供3人で1/4の遺留分を等分した場合、子供3人が個々に持つ遺留分は遺産全体の1/12ということになります。

子供3人のみが相続人の場合

被相続人の配偶者がおらず子供3人だけが相続人となる場合は、遺産全体の1/2が子供3人の遺留分となります。なので、子供3人が個々に持つ遺留分は遺産全体の1/6となります。

 

遺留分侵害と、遺留分減殺請求の例

ここで、配偶者と子供3人が遺留分を侵害された場合の例と、配偶者と子供3人が減殺請求できる遺産額について、例えを使ってご紹介しましょう。

「被相続人が死亡し、配偶者と長男・次男・三男の子供3人が相続人になりました。相続できる遺産の総額は5000万円です。

しかし被相続人は遺言によって、うち3000万円を愛人に遺贈するとしていました。さらに死亡の1年前、友人へ1000万円を贈与していたことも分かっています。」

1.遺留分の対象となる遺産額を計算する

まず、配偶者と子供3人の遺留分対象となる遺産総額を計算します。計算には、次の式を適用します。

「相続開始時の財産 + 贈与財産 = 遺留分対象の遺産総額」

この計算式で考えると、次の計算ができます。

5000万円 + 1000万円 = 6000万円

2.相続人ごとの遺留分侵害額を計算する

次に、配偶者と子供3人がどれくらい遺留分を侵害されているかを計算します。計算には、次の式を適用します。

「遺留分の額(遺留分対象遺産総額×遺留分割合)- 取得した遺産額(遺贈後財産×相続分)」

この計算によって、配偶者と子供3人の遺留分侵害額が次のように算出されます。

遺留分の割合 遺留分の額 取得した遺産額 遺留分の侵害額
配偶者 1/4 1500万円 1000万円 500万円
長男 1/12 500万円 約333万円 約167万円
次男 1/12 500万円 約333万円 約167万円
三男 1/12 500万円 約333万円 約167万円

遺留分減殺請求は、遺贈と贈与があった場合は遺贈から先に請求します。この場合配偶者と子供3人は遺贈を受け取る愛人に対し、遺留分侵害額を請求できます。

なお、遺留分減殺請求は遺留分侵害を知ったときから1年以内に行わないと時効になります。

 

遺留分を放棄することは可能?

遺留分の放棄は可能です。遺留分を放棄するタイミングが遺産相続開始後であれば、遺留分の請求をしないで放っておくだけで良いので簡単です。

しかし、被相続人の生前に遺留分放棄をしておきたい場合は、家庭裁判所へ「遺留分放棄許可」の申立てを行い、認められて初めて遺留分放棄ができます。

遺留分放棄が認められるには様々な条件があります。本当に本人の意思によるか、遺留分放棄に相当の理由があるか、生前贈与など遺留分放棄の代償があるか、などの条件を満たしていなければ認められない場合もあります。

遺留分は、それを放棄した相続人がいるとしても他の相続人の遺留分が増えることにはなりません。ですから、子供3人のうち誰かが遺留分放棄することで他の子供の取り分を増やしてあげたいと考えても、それは不可能です。

他の相続人に遺留分の放棄を強要する相続人が出ないよう、また被相続人が自由に処分できる遺産の割合を増やそうとして相続人へ遺留分放棄を強要することがないよう考慮されたためでもあります。

 

まとめ

子供3人の遺留分は、遺産全体の1/12になります。遺留分計算はややこしく、遺留分減殺請求も裁判手続きが必要になる場合が多いので、遺留分の取り戻しに成功したい場合は弁護士に依頼することをお勧めします。

関連記事

相続人・遺留分

民法における相続人とは

民法における法定相続人とは 民法は、相続人になる権利があるのは誰かについて定めています。民法によって定められている相続人なので、法定相続人という呼び方をすることもあります。 民法によるところの法定相続 ...

2018/06/19

相続人・遺留分

配偶者死亡の場合、誰が相続人になるのか

配偶者死亡、子ども有りの場合 配偶者死亡の場合でも、子どもがいるなら子どもが相続人になることができます。配偶者を別にすれば、被相続人の子どもは最上位の相続人です。他に被相続人の親や兄弟姉妹がいるとして ...

2018/06/18

相続人・遺留分

相続人を特定する方法とは?

被相続人の戸籍すべてを調べる必要性 相続人を特定するには、被相続人が生まれてから亡くなるまでの一生分の戸籍を集め、調べる必要があります。なぜなら、亡くなった時の家族が存在を把握していない相続人がいるか ...

2018/06/17

相続人・遺留分

法定相続人とは誰を指すの?法律で決められている相続人について解説

相続人についてのルール 相続人には、配偶者相続人(妻又は夫のこと)と血族相続人(血のつながりにより相続が認められている相続人のこと)があり、配偶者相続人は血族相続人と並んで常に相続人となりますが、血族 ...

2017/10/04

相続人・遺留分

遺産相続の順位を確認し、自分が遺産を受けられるかどうか確認しよう

法定相続人とは何か、まずは事前知識から 遺産相続の順位を知る前に、まずは法定相続人とはどういうものかを見ていきましょう。 遺産相続には、血族相続人および配偶者相続人の2種類があります。 このうち、配偶 ...

2017/10/03

相続人・遺留分

親などが亡くなったとき、兄弟でわける遺産相続の割合は?

残された家族に、被相続人の配偶者がいる場合、いない場合 たとえば父親が亡くなってもまだ母親がいる場合は、母親が遺産の半分を受け取ります。残りの半分を、兄弟で分割するという流れになります。兄弟が2人の場 ...

2017/10/03

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.