土地・不動産 2018.09.02

相続した土地は活用するか売却するか考えよう

記事ライター:ゆらこ行政書士

土地を相続した場合に考えなければならないことは?

相続した土地は活用した方がいい

親などの親族が亡くなった後、土地を相続することがあります。自分に持家がなければ、相続した土地の上に建っている家に住んだり、あるいは家を建てて住んだりすることが多いでしょう。

しかし、既に家も持っている場合や、遠方に住んでいる場合には、土地をどうしたらよいか悩んでしまうことがあります。その際には、相続した土地は放置せず、活用した方が得なことが多くなります。

土地を所有しているだけでも負担が発生する

土地の所有者には、様々な負担が発生します。たとえば、管理責任があります。置いてあるものや生えてくる植物などが原因で、周囲に迷惑をかけるような事態になれば、責任追及されてしまいます。

また、土地を所有しているだけで、固定資産税や都市計画税といった税金を課されてしまうのです。固定資産税は決して安くありませんから、活用しないのであれば、税金を払うのはもったいないといえます。

相続した土地は放置せず活用する

相続した土地に住む予定がない場合でも、土地を活用できないか考えてみましょう。土地を誰かに貸したり、土地の上に建物を建てて、その建物を賃貸したり、様々に活用できます。

相続した土地を活用しないなら売却を考える

相続した土地を活用するのも面倒という場合には、手放してしまった方がよいかもしれません。相続した土地を売却してお金に換えれば、そのお金を活用することができます。

親の残した土地には思い入れがあるため、すぐには売却したくない人も多くいます。しかし、土地を持っていれば、無駄な税金を払うことにもなってしまいかねません。

しかも、土地の値段は変わります。特に、将来値下がりしそうな場合には、早めに売却した方がよいことになります。

相続した土地は名義変更が必要

相続した土地を活用するにしても、売却するにしても、その前に名義変更が必要です。土地が被相続人名義になっていれば、活用も売却もできません。土地の名義変更とは、法務局で相続登記手続きをすることで完了することができます。

 

相続した土地を活用するならどんな方法がある?

建物を建てて賃貸する

相続した土地を活用する方法として、土地の上に建物を建てて人に貸す方法があります。たとえば、賃貸アパートを建てれば、家賃収入を得られます。

賃貸アパートを建てるためには、資金が必要になります。手元に資金がなければ、金融機関でローンを組み、家賃収入で返済するという方法があります。

賃貸アパートの場合には空室リスクもあります。土地活用のコンサルティングを受けるなどして、計画的な賃貸経営を行いましょう。

駐車場として活用する

相続した土地を駐車場として活用する方法もあります。更地の場合には駐車場にしやすいですが、建っている建物を壊して駐車場にすることも可能です。

面積が小さい場合には、建物を建てての土地活用が難しいことがあります。しかし、狭い土地であったとしても、駐車場にすれば有効活用できます。

駐車場には月極駐車場やコインパーキングなどの種類があります。駐車場として活用する場合には、どのくらいの需要があるかをリサーチし、どのような形態の駐車場にするかを考える必要があります。

駐車場のニーズは、場所によって異なります。せっかく駐車場にしても、利用してくれる人がいなければ赤字になってしまいますので、土地活用は計画的に行うのが鉄則です。

 

相続した土地を売却するなら、どのような流れになる?

まずは査定してもらう

相続した土地を売却して手放してしまえば、土地の管理や固定資産税等の負担はなくなり、土地を現金に換えられます。土地を売却するときには、まず、いくらで売れるかを査定してもらいましょう。

土地の査定は、不動産会社に無料で行ってもらえます。複数の不動産会社に査定してもらえば、高く買取してくれるところを選別できます。インターネットの一括見積サイトを利用して査定してもらう方法もあります。

不動産会社に売却手続きを依頼

査定価格を参考に、業者を決めて、仲介を依頼します。土地の売却手続きは、宅建業の免許をもった業者に依頼する必要があります。なお、買主が見つかった場合には、不動産会社に仲介手数料を払う必要があります。

買主が見つかったら売買契約を結ぶ

買主との間で、売買契約を締結し、手付金を受け取ります。決済日に決済金を受け取り、買主への所有権移転登記を行って、名義変更します。

関連記事

土地・不動産

相続した土地を3年以内に売却するメリットとは?

3年以内なら「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を適用可能 相続した土地を、相続税の申告期限から3年以内に売却した場合には、売却時の「取得費」に土地にかかった「相続税」を加算できるという特例があり ...

2018/11/13

土地・不動産

相続した土地の売却益を分配するための流れとトラブル対処法

相続した土地の売却価格を調査する まずは、相続した土地が実際にはどれくらいの価格で売却できそうなのかを探りましょう。調査方法は簡単です。不動産情報サイトなどで、相続した土地の近隣地域にある、似たような ...

2018/11/12

土地・不動産

相続した土地を分筆する際の手続きと、かかる費用について

ステップ1:境界確定測量 相続した土地の境界が確定していない場合は、分筆することができません。そのため、どんな土地であっても、まずは境界確定測量を行います。 境界確定測量ではまず、登記簿、公図、区画整 ...

2018/11/09

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.