土地・不動産 2018.09.17

土地の相続と、所得税の関係について

相続する遺産が相続税の基礎控除額をオーバーしていると、相続税を支払う義務が発生します。相続するのが土地などの不動産であれば、相続税以外の税金がかかってくる場合もあります。

この記事では、土地の相続に関係してかかることのある2パターンの「所得税」に焦点をあてて、概要や計算方法などを解説しています。

記事ライター:棚田行政書士

賃貸物件の建つ土地を相続した場合の所得税

相続した土地にアパートやマンションなどの賃貸物件が建っている場合は、賃貸経営による収益も同時に相続することになります。

賃貸物件の賃料収入は「不動産所得」となるため、所得税がかかります。所得税の対象となる不動産所得の額は、次の式で計算される金額です。

「不動産収益-必要経費=不動産所得の額」

不動産収益には、賃料収入はもちろん、礼金や権利金などが含まれます。敷金については、基本的に預かり金のため、収益には含まれません。ただし、敷金のうち一定割合を償却することがあらかじめ決まっているなら、償却分の敷金も収益の一部となります。

必要経費に含まれるものとして一般的なのは、減価償却費や各種保険料、不動産業者や管理会社へ支払う手数料、物件の修繕費、維持管理費などです。

税金関係では、固定資産税や都市計画税、事業税や消費税が必要経費として認められます。賃貸経営の初年度に限り、登録免許税や印紙税、不動産取得税なども必要経費に含めることができます。なお、所得税を必要経費に含むことはできません。

不動産所得税は分離課税のため、土地を相続した相続人が自分で確定申告をする必要があります。

確定申告の際には、不動産所得の額に所定の税率をかけて、所得税の額を計算します。下記のように、不動産所得が多くなればなるほど所得税率は上がります。

不動産所得 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
330万円以下 10% 97,500円
695万円以下 20% 427,500円
900万円以下 23% 636,000円
1,800万円以下 33% 1,536,000円
4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

次にご紹介する「譲渡所得税」も同様ですが、2013年(平成25年)から2037年までに納める所得税には、復興特別所得税として各年度分の2.1%をプラスした税率で納付することになります。

 

相続した土地を売却する場合の所得税

相続した土地を売却することにした場合、売却によって得られる利益は「譲渡所得」と呼ばれ、譲渡所得税の課税対象となります。

譲渡所得税の対象となる譲渡所得の額は、次の式で計算します。

「譲渡価額 -(取得費 + 譲渡費用)=譲渡所得の額」

譲渡価額とは、土地の売却金額のことです。なお、譲渡価額には、固定資産税や都市計画税の清算金も含まれます。

取得費とは、売却した土地を取得するために支払った費用を表します。つまり、土地の購入金額です。

相続で土地を取得した場合には、土地の購入代金は支払っていないことになりますので、取得費として計上できる費用はほぼ無いでしょう。

譲渡費用とは、土地を売却するために直接かかった費用を表しています。具体的には、売却を依頼した不動産会社への仲介手数料、土地の登記の際の登録免許税、土地の測量費などが、売却するために直接かかった費用として認められます。

土地の固定資産税などは、土地の売却のための直接的な費用というよりは維持に必要な費用となるため、土地の譲渡費用に含めることはできません。

譲渡所得税の税率は、土地を所有していた期間に応じて変わります。

・所有期間5年未満の土地は「短期譲渡所得」・・・39%
・所有期間5年以上の土地は「長期譲渡所得」・・・20%

土地を相続した場合は、5年以上前に相続で取得したのか、5年未満なのかによって、譲渡所得税率が倍近く変わってくることになります。

所有期間とは、土地を取得した日(相続登記した日)から土地を売却した日の間ではありません。土地を売却した年の1月1日の時点で、満5年が経過していることが必要です。

例えば、平成25年5月1日に取得した土地を、平成30年5月2日以降に売却したとします。

所有期間としては満5年が経過していますが、平成30年1月1日の時点では、まだ4年7か月しか経過していません。そのため、このケースで長期譲渡所得を該当させるには、平成31年1月1日以降の売却でなくてはならないということになります。

譲渡所得税も不動産所得税と同様に分離課税のため、確定申告が必要です。土地を売却した場合の譲渡所得税の確定申告は、売却した日の翌年の3月15日までに行いましょう。

 

まとめ

土地の相続に関係する所得税として、「不動産所得税」と「譲渡所得税」の2つを解説してきました。どちらの所得税も、相続してすぐに発生する税金ではありません。ただ、将来的に運用する場合については、所得税を念頭におく必要がありますので、覚えておきましょう。

関連記事

土地・不動産

相続したマンションの管理費は誰が払う?相続人がいなくなったらどうなる?

マンションを相続する相続人に支払い義務がある 相続とは、被相続人が生前に所有していた財産や義務、債務をすべて受け継ぐことです。遺言書が見つかれば、その内容に従って財産を相続すると同時に、相続財産に応じ ...

2018/11/16

土地・不動産

相続した土地を3年以内に売却するメリットとは?

3年以内なら「相続財産を譲渡した場合の取得費の特例」を適用可能 相続した土地を、相続税の申告期限から3年以内に売却した場合には、売却時の「取得費」に土地にかかった「相続税」を加算できるという特例があり ...

2018/11/13

土地・不動産

相続した土地の売却益を分配するための流れとトラブル対処法

相続した土地の売却価格を調査する まずは、相続した土地が実際にはどれくらいの価格で売却できそうなのかを探りましょう。調査方法は簡単です。不動産情報サイトなどで、相続した土地の近隣地域にある、似たような ...

2018/11/12

土地・不動産

家を相続するには!? 相続登記の方法!

相続登記は、できればしておいたほうが無難 相続登記は、いわゆる名義変更です。ですが、しなくても特に問題はないのです。法的な義務はありません。たとえば、その家を売ろうとしたとき、そして、建て替えをするの ...

2017/10/03

土地・不動産

相続登記申請書の書き方について

相続登記申請書の書き方 相続登記自体は自分でも申請することが可能です。その際には相続登記申請書と複数ある必要書類を添えて、不動産の所在地を管轄する法務局に提出する必要があります。 それでは、相続登記申 ...

2017/10/02

土地・不動産

相続登記の費用はいくらかかる?その内訳とは?

相続登記ってそもそも何? 相続に伴って不動産を取得した場合に、その名義を被相続人の名義から相続人の名義に変更する手続きのことを一般的に「相続登記」と呼んでいます。 ただ、正式には相続登記という登記手続 ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.