遺産相続・遺産分割 2017.11.19

生命保険の保険金が相続対策に有効なわけとは?

相続対策とインターネットで検索すると、遺言書対策や生前贈与対策などと並んで「生命保険対策」という単語が出てきます。相続対策として生命保険の活用を促すアドバイスが様々なサイトで書かれていますが、そもそも、なぜ生命保険に加入することが、相続対策として有効なのでしょうか?

そこで今回は、生命保険の保険金が相続対策に有効な理由についてわかりやすく解説します。

記事ライター:棚田行政書士

生命保険の仕組みとは?

そもそも生命保険とは、人が死亡したり、高度障害と診断されたりした場合に保険金が支払われる保障のことをいいます。

一家の大黒柱が死亡したり、働けなくなったりした時に、まとまったお金が保障されることで、残された家族の生活を守ることが出来るのが生命保険の一番の目的です。

では、なぜ生命保険の保険金が相続と関連してくるのでしょうか。

 

相続対策における生命保険金の2つのメリット

相続対策として生命保険に加入する場合、主に次の2つのメリットがあります。

メリット1:保険金独自の非課税枠が活用できる

相続が発生した際には、相続税の基礎控除枠というものが設定されており、それ以下の財産の場合は相続税が課税されません。

相続税の基礎控除=3,000万円+600万円×法定相続人の人数

以前はもっと基礎控除額が大きかったのですが、平成27年の相続税制度改正によって、大幅に縮小されてしまいました。そこで注目されているのが「生命保険金の非課税枠」です。実は生命保険には、上記の基礎控除とは別に、生命保険金固有の非課税制度が設定されているのです。

生命保険金の非課税枠=500万円×法定相続人の人数

この非課税枠は生命保険に加入していなければ、一切利用することができません。

仮に、生前に1,000万円の預金を保有していたとします。万が一そのまま相続が発生してしまうと、課税遺産総額にもよりますが、基礎控除枠を超えた場合は、相続税が課税されてしまいます。

ですが、1,000万円を使って生命保険に加入して保険料の財源とした場合、死亡によって受け取る保険金についての相続税は、先ほどの非課税枠までは課税されないのです。

このように、現預金をそのまま相続するのではなく、現預金を使って生命保険に加入して、死亡した際に保険金として受け取ることで、相続税を大幅に節税することが出来るのです。

メリット2:遺産分割の対象から外すことができる

遺産相続において遺産分割協議が紛争化してしまうと、相続税の納税において支障が出てきます。というのも、相続税の納税期限は、相続発生を知った日の翌日から起算して10ヶ月以内と決められています。

そのため、万が一この期間内に遺産分割協議が整わなかったとしても、相続税については一旦納税しなければなりません。

ところが、遺産分割が完了していない状況では、相続財産に手を付けるわけにはいかないため、各相続人が自分の納税資金を調達しなければならないのです。

これに対し生命保険に加入していた場合、保険金については相続ではなく受取人固有の財産とされているため、遺産分割協議で協議することなく、当然に受取人が保険金を受け取ることが出来るのです。受け取った保険金をどのように使っても全く問題ありません。

よって、遺産分割協議で揉めそうな家族の場合は、相続ではなく保険金として受取人に直接資産を残すことが有効な遺産分割対策となるのです。また、受け取った保険金を相続税の納税資金として活用すると、より相続人の負担が軽くなるでしょう。

 

保険金はみなし相続財産であることに注意

このように保険金については、遺産分割の対象からは外れるため、他の相続人にとやかく言われることなく、受取人が保険金を受け取ることができます。

ところが、忘れてはならないのが「相続税」です。保険金は「みなし相続財産」とされており、非課税枠を超えた部分については課税対象になるのです。

ですから、仮に保険金の受取人が相続人以外の人だったとしても、その人には相続税の納税義務が発生します。

保険金が遺産分割の対象から外れるため、相続税についても関係ないと考えている受取人の人が多いのですが、非課税枠を超えれば相続税が課税されますので注意しましょう。

 

相続対策として生命保険に加入する際のポイント

最近では様々な種類の生命保険が販売されていますので、どの保険が良いのかについては、本人の状況によって変わってきます。

ここでは、ある程度共通して言えるポイントについて解説します。

ポイント1:保険金の設定を非課税枠に抑える

相続対策として生命保険に加入する際には、非課税枠に収まる保険金を設定して加入することが重要です。

ポイント2:保険料は一時払込が安い

生命保険料の支払い方法には、一括ではらう一時払込と、毎月保険料を支払い続ける払込が選べます。一括で払える状況であれば保険料が安くなるため、可能であれば一時払込がおすすめです。

相続対策として生命保険に加入する際には、最適な保険を選ぶためにも、一度税理士などの専門家に相談することをおすすめします。

関連記事

遺産相続・遺産分割

遺産分割で寄与分が認められるのはどんなケース?

遺産分割で考慮すべき寄与分とは? 遺産分割については話し合いで決める 相続の際に相続人が複数いれば、相続人の間で遺産を分ける「遺産分割」が必要になります。遺産分割については、相続人全員で話し合って決め ...

2018/06/14

遺産相続・遺産分割

遺産分割とは?相続人が複数いる場合に必要な手続きについて

遺産分割とは共有になっている相続財産を分割すること 相続財産は相続開始と同時に相続人の共有になる 相続では、被相続人が亡くなると同時に、被相続人の所有していた財産が相続人に移転します。相続人が一人だけ ...

2018/06/13

遺産相続・遺産分割

相続財産の分割方法が決まらない場合にはどうする?

遺言のない相続では遺産分割が必要 遺産分割で共有している相続財産を分ける 相続では、亡くなった人が遺言を残していなければ、法定相続人が相続財産を引き継ぐことになります。法定相続人が複数いる場合には、全 ...

2018/06/12

遺産相続・遺産分割

相続とは何か

相続とは? 相続とは、亡くなった人の財産を相続人が引き継ぎ、財産を次世代へ受け継いでいくことです。現金や預貯金、土地や建物などの不動産といったプラスの財産は勿論ですが、借金やローンなどのマイナスの財産 ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

生命保険は相続対策になる?

生命保険で相続対策となる仕組み 生命保険がなぜ相続対策になるのかということですが、まず生命保険の支払いを相続財産、つまり被相続人が支払うことにより相続財産を減らすことができます。 相続財産が減るという ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

遺産分割に大きく影響する寄与分とは?

被相続人に貢献した人は、「寄与分」という取り分がある?! 遺産分割協議による話し合いにおいては、様々な主張が繰り広げられますが、もめているケースで多いのが、被相続人に対する貢献度にみあった財産を相続さ ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.