遺産相続・遺産分割 2018.01.01

遺産相続で争いになった場合の対処法

親族間で遺産相続をめぐって争いになるケースはあとを絶ちません。「うちは家族も親戚もみんな仲が良いから大丈夫!」と思っていても、いざお金の問題に直面すると、思いもよらない衝突が発生するものです。遺産相続で争いになるのはどのようなケースなのかを知っておき、争いを防ぐ対策や、遺産相続争いになった場合の対処法について考えておきましょう。

記事ライター:ゆらこ行政書士

遺産相続で争いになるケースとは?

遺産相続発生後、争いになるケースには、以下のようなパターンがあります。

相続人の数が多い

遺産相続には相続人全員が関わらざるを得ません。そのため、当事者となる相続人の数が多いほど、遺産相続争いになりやすいといえます。

被相続人と全くといっていいほど交流がなかった相続人でも、自分に相続権があるとなると、相続財産の分け方に口を出してくることがあります。このような場合、被相続人の身近な親族は「何でよく知らない人に財産を渡さなければならないのか」と、到底納得がいかないでしょう。

相続人が多ければ、全員が満足する形で遺産を分けるというのは至難の業ですから、遺産分割が難航することになってしまいます。

相続財産の内容がよくわからない

相続財産の内容が不透明な場合にも、遺産相続争いになりがちです。

たとえば、被相続人と同居していた相続人と、別居していた相続人がいる場合、別居していた相続人は、同居していた相続人が遺産を隠しているのではないかと不信感をもつことがあります。一方で、同居していた相続人も「遺産の状況をすべて公開すれば多くの財産を請求されるのではないか?」と恐れてしまい、なかなか遺産の状況を公開しないことがあります。

このように、相続人同士がお互い不信感をもっているようなケースでは、相続財産の内容をめぐって、遺産相続争いが生じてしまうことがあります。

相続財産が不動産のみである

相続財産のほとんどが現金や預金であれば、遺産を分ける際にはそれほど困りません。一方、相続財産としては不動産しかない場合、不動産は簡単に分けられませんから、遺産相続で争いになってしまいがちです。

 

遺産相続の争いを防ぐには?

遺言を作成しておく

遺産相続の際、相続人同士で争いになるのを避けるためには、遺言書を作成しておくのが有効です。相続では、遺言があればその内容が優先されます。相続人全員で遺産分割協議を行う必要もなくなりますから、遺言により遺産相続争いを防ぐことができます。

なお、遺言を作成するときには、遺留分に注意する必要があります。兄弟姉妹以外の相続人には、遺留分という最低限の取り分が民法上保証されています。遺留分を侵害する遺言を書いてしまうと、遺留分のある相続人(遺留分権利者)が遺留分減殺請求という取戻しの手続きを行い、かえってトラブルになる可能性があります。

生前贈与を行う

遺産相続争いを防ぐためには、財産をあらかじめ生前贈与してしまうという方法があります。生前贈与すれば、財産を自分の好きな相手に譲ることができます。

ただし、遺留分権利者に損害を加えることを知りながら行った生前贈与や、相続開始前1年以内にした生前贈与は遺留分減殺請求の対象になるため、注意しておきましょう。

 

遺産相続で争いになった場合にはどうする?

家庭裁判所に調停や審判を申し立てる

相続人間で遺産分割協議ができない場合には、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立て、家庭裁判所で話し合うことができます。遺産分割調停では調停委員が間に入って調整を行ってくれるため、話し合いがスムーズに進む可能性があります。なお、調停が不成立になった場合には審判に移行し、裁判所の職権で遺産分割方法が決められることになります。

ちなみに、遺産分割に関しては、必ず調停から行わなければならないというわけではなく、いきなり審判を申し立てることも可能とされています。ですから、相続人間で話し合いが成立する見込みがない場合には、遺産分割審判を申し立ててもかまいません。ただし、実際には審判を申し立てた場合にも、裁判所の職権で調停に付されるケースが多くなっています。

弁護士に相談する

遺産相続で争いになった場合、当事者だけで解決を図ろうとしても、なかなかうまくはいきません。そのため、遺産相続争いは弁護士に相談するのがおすすめです。

弁護士は相続人の間に入って遺産相続争いの調整をしてくれます。弁護士が介入するだけでもめごとが解決するケースも多く、争いの長期化を防ぐことができます。

また、家庭裁判所に遺産分割調停や遺産分割審判を申し立てる場合にも、弁護士に代理人となってもらうことができます。調停は当事者だけでもできますが、弁護士がつけば争点を整理しやすくなるため、スムーズに進み、早期解決する可能性が高くなります。

関連記事

遺産相続・遺産分割

遺産分割で寄与分が認められるのはどんなケース?

遺産分割で考慮すべき寄与分とは? 遺産分割については話し合いで決める 相続の際に相続人が複数いれば、相続人の間で遺産を分ける「遺産分割」が必要になります。遺産分割については、相続人全員で話し合って決め ...

2018/06/14

遺産相続・遺産分割

遺産分割とは?相続人が複数いる場合に必要な手続きについて

遺産分割とは共有になっている相続財産を分割すること 相続財産は相続開始と同時に相続人の共有になる 相続では、被相続人が亡くなると同時に、被相続人の所有していた財産が相続人に移転します。相続人が一人だけ ...

2018/06/13

遺産相続・遺産分割

相続財産の分割方法が決まらない場合にはどうする?

遺言のない相続では遺産分割が必要 遺産分割で共有している相続財産を分ける 相続では、亡くなった人が遺言を残していなければ、法定相続人が相続財産を引き継ぐことになります。法定相続人が複数いる場合には、全 ...

2018/06/12

遺産相続・遺産分割

相続とは何か

相続とは? 相続とは、亡くなった人の財産を相続人が引き継ぎ、財産を次世代へ受け継いでいくことです。現金や預貯金、土地や建物などの不動産といったプラスの財産は勿論ですが、借金やローンなどのマイナスの財産 ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

生命保険は相続対策になる?

生命保険で相続対策となる仕組み 生命保険がなぜ相続対策になるのかということですが、まず生命保険の支払いを相続財産、つまり被相続人が支払うことにより相続財産を減らすことができます。 相続財産が減るという ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

遺産分割に大きく影響する寄与分とは?

被相続人に貢献した人は、「寄与分」という取り分がある?! 遺産分割協議による話し合いにおいては、様々な主張が繰り広げられますが、もめているケースで多いのが、被相続人に対する貢献度にみあった財産を相続さ ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.