遺産相続・遺産分割 2017.10.04

数次相続の相続手続きはどうなる?

不動産の相続手続きを行うときなどに、複数の相続が関係してくることがあります。1つの相続について手続きが終わらない間に、新たな相続が発生するのが数次相続です。ここでは、数次相続のケースでは相続手続きはどのようになるかについて説明します。

記事ライター:ゆらこ行政書士

数次相続の基礎知識

・数次相続とは

数次相続とは、亡くなった人(被相続人)の遺産分割が完了しないうちに相続人のうちの誰かが亡くなり、次の相続が発生してしまうことです。遺産分割協議や相続登記手続きには期限がありませんから、不動産の相続手続き等が行われず放置されていることがあります。このような場合、時間が経過すればやがて次の相続が発生し、数次相続が起こることになります。

・数次相続では手続きが複雑化する

たとえば、父、母、長男、次男の4人家族の場合、父が亡くなって遺産分割が終わっていない間に母が亡くなれば、数次相続が発生したことになります。この場合、相続手続きを行う際には、父の遺産分割と母の遺産分割の両方について処理しなければなりません。

なお、上記の例では、母の相続人も長男、次男ですから、遺産分割協議も長男と次男だけですればよく、比較的簡単です。しかし、もし父の次に亡くなったのが母ではなく長男の場合には、長男の相続人として長男の妻や子が関係してくることがありますから、その分手続きも複雑になってしまいます。

さらに、遺産分割をせずに年数が経過しているケースでは、2次相続だけでなく3次相続まで発生していることがあります。そうなると、相続手続きはより複雑化してしまい、手間もかかることになります。

 

数次相続と代襲相続の違い

・代襲相続とは

相続が発生したとき、本来ならば相続人になるはずの人が、被相続人よりも前に死亡していることがあります。このような場合、相続人になるはずの人の子や孫が相続する権利を引き継ぎ、代わりに相続人になることがあります。これを代襲相続といいます。

たとえば、被相続人に子がいれば、子が第1順位の相続人になりますが、子が既に亡くなっていれば、その子の子、すなわち被相続人の孫が代襲相続します。もし孫も亡くなっていれば、ひ孫が再代襲することになり、無限に代襲が続きます。

代襲相続は第3順位の相続人である兄弟姉妹についても発生しますが、兄弟姉妹の場合には、その子(甥、姪)までの代襲となり、再代襲以降はありません。

・数次相続と代襲相続の見分け方

数次相続は代襲相続と混同されることがありますが、下記のように、全く違うものになります。

<数次相続>

Aの相続発生後、遺産分割を行う前にAの相続人Bが亡くなり、Bについての相続が重ねて発生すること

<代襲相続>

Aの相続発生前にAの相続人になるはずのBが亡くなっているため、Aの相続発生後、Aの相続人としてのBの地位がBの子や孫に移転すること

上記のように、数次相続では相続人BはAよりも後に亡くなっていますが、代襲相続ではBはAよりも前に亡くなっています。つまり、数次相続か代襲相続かを見分けるポイントは、亡くなった順番ということになります。

 

数次相続の相続登記手続き

不動産の相続登記がされないまま数次相続が発生している場合、相続登記の手続きの流れは次のようになります。

①相続人の調査

数次相続が発生している場合には、すべての相続についての相続人を確定させる必要があります。そのため、戸籍謄本等を取り寄せて、相続人調査を行います。

②遺産分割協議

数次相続の場合、最初の相続についての遺産分割協議と、次の相続についての遺産分割協議が必要になります。遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があります。最初の相続の相続人の中には亡くなっている人がいますから、亡くなっている人の相続人が、亡くなっている人の立場で遺産分割協議に参加します。

遺産分割協議が成立すれば、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書は1枚にまとめても、各相続について別々に作ってもかまいません。遺産分割協議書には、参加した相続人全員が実印で押印し、印鑑証明書を添付する必要があります。

③相続登記

遺産分割協議が終われば、法務局で相続登記の申請を行います。相続登記は、数次相続の場合でも、各相続について別々に申請を行うのが原則です。そのため、2次相続まで発生しているケースでは2件の申請が必要になり、登録免許税も2件分必要になります。

ただし、中間が単独相続の場合には、中間省略登記として1件の申請でまとめて手続きを行うことが可能とされています。中間が単独相続の場合とは、次のようなケースになります。

ア.中間の相続人が1名の場合

イ.中間の相続人は複数いるけれど、遺産分割協議によりそのうちの1人が相続する場合

ウ.中間の相続人は複数いるけれど、1人を除いて全員が相続放棄した場合

関連記事

遺産相続・遺産分割

遺産分割で寄与分が認められるのはどんなケース?

遺産分割で考慮すべき寄与分とは? 遺産分割については話し合いで決める 相続の際に相続人が複数いれば、相続人の間で遺産を分ける「遺産分割」が必要になります。遺産分割については、相続人全員で話し合って決め ...

2018/06/14

遺産相続・遺産分割

遺産分割とは?相続人が複数いる場合に必要な手続きについて

遺産分割とは共有になっている相続財産を分割すること 相続財産は相続開始と同時に相続人の共有になる 相続では、被相続人が亡くなると同時に、被相続人の所有していた財産が相続人に移転します。相続人が一人だけ ...

2018/06/13

遺産相続・遺産分割

相続財産の分割方法が決まらない場合にはどうする?

遺言のない相続では遺産分割が必要 遺産分割で共有している相続財産を分ける 相続では、亡くなった人が遺言を残していなければ、法定相続人が相続財産を引き継ぐことになります。法定相続人が複数いる場合には、全 ...

2018/06/12

遺産相続・遺産分割

相続とは何か

相続とは? 相続とは、亡くなった人の財産を相続人が引き継ぎ、財産を次世代へ受け継いでいくことです。現金や預貯金、土地や建物などの不動産といったプラスの財産は勿論ですが、借金やローンなどのマイナスの財産 ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

生命保険は相続対策になる?

生命保険で相続対策となる仕組み 生命保険がなぜ相続対策になるのかということですが、まず生命保険の支払いを相続財産、つまり被相続人が支払うことにより相続財産を減らすことができます。 相続財産が減るという ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

遺産分割に大きく影響する寄与分とは?

被相続人に貢献した人は、「寄与分」という取り分がある?! 遺産分割協議による話し合いにおいては、様々な主張が繰り広げられますが、もめているケースで多いのが、被相続人に対する貢献度にみあった財産を相続さ ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.