遺産相続・遺産分割 2018.03.16

相続財産の管理責任は誰にある?

遺産相続では、相続人が色々な種類の遺産を相続します。現金や株式など管理や保管が楽な遺産だけでなく、不動産や土地など維持管理に手間がかかる遺産を相続する場合もあります。

相続財産の管理という問題は非常に重要ですが、誤解が多いのも事実です。この記事では、遺産相続において相続財産を管理する責任を負っているのは誰か、管理する人が誰もいない場合はどうしたら良いかなどを説明します。

記事ライター:棚田行政書士

相続財産の管理責任は、相続人にある

基本的に、相続財産の管理責任は相続人にあります。遺産分割協議が済んでいるなら、その財産を相続することになった相続人が管理責任を負います。遺産分割協議がまだでも、ひとまずは相続人全員が管理責任を負うことになります。

特に管理が必要な相続財産は、不動産や土地、自動車や山林でしょう。

不動産は、著しく老朽化すれば建物の一部が破損したり、最悪の場合は倒壊したりする可能性があります。近所の家屋に被害を与えたり、近くを通りがかった人を傷つけたりすれば、相続人は過失責任を問われることになります。

土地も、不法投棄や不法占拠などをされている場合は、相続人が解決のために行動しなければなりません。もちろん、周囲の人や物に被害を与えた場合の責任は相続人にかかってきます。

自動車は、相続人が日常的に使用する場合は比較的管理しやすいかもしれません。しかし、屋外に停めたまま放置してしまうと、いたずらによって破壊されたり放火などの被害にあったりする可能性があります。

山林なども、管理不行き届きによって不法投棄や放火が起き、他の人の財産や命を脅かした場合は、相続人が責任を問われます。

このように不測の事態を招かないためにも、相続財産の管理、とりわけ他の人の所有物や命に関係する相続財産に関しては、どんな場合でもしっかりと管理する必要があります。

 

相続放棄しても、相続財産の管理責任は免れられない

被相続人が遺した財産の多くが巨額の債務であった場合には、相続権を放棄して相続人でなくなるという決定、「相続放棄」をすることがあります。

相続放棄すれば相続人ではなくなるのだから、相続財産の管理からも解放されるはず、と考える人が多くいますが、これは間違いです。民法では相続放棄した人に対し、次のように管理責任を定めています。

民法第940条第1項「相続の放棄をした者による管理」

相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

相続放棄しても、次に相続人となる人が現れて相続財産の管理をしてくれるようになるまでは、自分の財産を扱うかのように注意深く相続財産を管理しなければならないということになります。

ですから、相続放棄によって被相続人の債務は免れたとしても、相続財産の管理責任までは免れられないことになります。

ここで問題になるのが、最後に相続放棄することになる人です。先順位の相続人全員が相続放棄してしまい、相続人は自分で最後という場合、自分が相続放棄すると相続人が一人もいなくなることになります。

最後に相続放棄する人には、相続財産を管理してくれる人が見つかるまでずっと管理責任だけが残ることになります。このような場合は、次に説明する手続きを踏むことで解決を図ることができます。

 

相続人が一人もいない場合は「相続財産管理人」の選任が必要

被相続人に相続人となり得る者が一人もいない場合、または相続放棄などによって相続人が一人もいなくなってしまった場合は、家庭裁判所で「相続財産管理人」を選任してもらう必要があります。

申立ては、最後に相続放棄する人が行うこともできますし、被相続人の債権者や特別縁故者が行うことも可能です。被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所へ、申立て費用と必要書類を提出することで手続きできます。

無事、相続財産管理人が選任されれば、最後に相続放棄する人の管理責任はなくなります。相続財産管理人はボランティアではないため、選任の際には報酬が必要です。しかし管理責任を追求されるリスクを考えれば、費用をかけてでも相続財産管理人を選任するべきでしょう。

 

まとめ

相続財産は、相続人が管理する必要があります。相続放棄したとしても、その責任は変わりません。不動産や車などの相続財産を放置することは、相続人のリスクを増大させます。相続財産は長い間放置せずに、速やかに処分を決めましょう。

関連記事

遺産相続・遺産分割

遺産分割で寄与分が認められるのはどんなケース?

遺産分割で考慮すべき寄与分とは? 遺産分割については話し合いで決める 相続の際に相続人が複数いれば、相続人の間で遺産を分ける「遺産分割」が必要になります。遺産分割については、相続人全員で話し合って決め ...

2018/06/14

遺産相続・遺産分割

遺産分割とは?相続人が複数いる場合に必要な手続きについて

遺産分割とは共有になっている相続財産を分割すること 相続財産は相続開始と同時に相続人の共有になる 相続では、被相続人が亡くなると同時に、被相続人の所有していた財産が相続人に移転します。相続人が一人だけ ...

2018/06/13

遺産相続・遺産分割

相続財産の分割方法が決まらない場合にはどうする?

遺言のない相続では遺産分割が必要 遺産分割で共有している相続財産を分ける 相続では、亡くなった人が遺言を残していなければ、法定相続人が相続財産を引き継ぐことになります。法定相続人が複数いる場合には、全 ...

2018/06/12

遺産相続・遺産分割

相続とは何か

相続とは? 相続とは、亡くなった人の財産を相続人が引き継ぎ、財産を次世代へ受け継いでいくことです。現金や預貯金、土地や建物などの不動産といったプラスの財産は勿論ですが、借金やローンなどのマイナスの財産 ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

生命保険は相続対策になる?

生命保険で相続対策となる仕組み 生命保険がなぜ相続対策になるのかということですが、まず生命保険の支払いを相続財産、つまり被相続人が支払うことにより相続財産を減らすことができます。 相続財産が減るという ...

2017/10/02

遺産相続・遺産分割

遺産分割に大きく影響する寄与分とは?

被相続人に貢献した人は、「寄与分」という取り分がある?! 遺産分割協議による話し合いにおいては、様々な主張が繰り広げられますが、もめているケースで多いのが、被相続人に対する貢献度にみあった財産を相続さ ...

2017/10/02

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.