相続人・遺留分 2017.11.14

相続人の順位と代襲相続

人が亡くなると、その人の親族が民法で定められた順位で相続人になります。ここでは、民法で定められた相続人の順位と、相続人の順位を引き継ぐ代襲相続について説明します。

記事ライター:ゆらこ行政書士

法定相続人になれる親族は配偶者と血族

法定相続人の種類

相続人の範囲については民法に定められており、法定相続人と呼ばれます。法定相続人には、次の2つの種類があります。

配偶者相続人

配偶者相続人とは、亡くなった人の配偶者(夫または妻)になります。法律上の配偶者は1人しかいませんから、配偶者相続人がいる場合にも1人だけということになります。

 血族相続人

血族とは、血のつながりのある親族のことです。血族相続人には第1順位から第3順位までの相続人の順位が定められており、先順位の人がいなければ後順位の人が相続人になります。同順位の人が複数いる場合には、全員が相続人になります。

相続人の組み合わせ

被相続人に配偶者がいる場合、配偶者は必ず相続人になります。また、血族相続人は配偶者の有無にかかわらず、先順位の人から相続人になります。つまり、相続人の組み合わせとしては、「配偶者のみ」「配偶者+血族」「血族のみ」の3パターンがあります。

 

血族相続人になれる順位

血族相続人の優先順位は次のようになっています。

第1順位 子

子は第1順位の相続人となります。子には実子だけでなく養子も含まれます。

第2順位 直系尊属

第1順位の相続人がいない場合、第2順位の直系尊属(父母、祖父母など)がいれば相続人になります。ただし、第2順位の相続人になれるのは、被相続人に最も近い世代の人のみになります。父母の両方または一方が生きていれば、たとえ祖父母が生きていても、父母のみが相続人となります。

第3順位 兄弟姉妹

被相続人の兄弟姉妹は、第1順位の相続人も第2順位の相続人もいない場合に相続人になります。両親が一緒でも、父母の一方のみが一緒でも、相続人としての順位は変わりません。

 

相続人の順位を引き継ぐ「代襲相続」

https://unsplash.com/photos/CVIeAfFv4rM

代襲相続とは

代襲相続とは、本来の相続人が被相続人よりも前に亡くなっている場合などに、本来の相続人の次の世代の人が、相続人としての順位を引き継ぐことをいいます。代襲相続は、血族相続人の第1順位と第3順位で認められています。

第1順位の相続人の代襲相続

被相続人に子がいれば、子は第1順位なので必ず相続人になります。もし子が被相続人より前に亡くなっていれば、代襲相続により、その子の子(被相続人の孫)が第1順位の相続権を引き継ぐことになります。

なお、被相続人の子も孫も亡くなっているけれど、その下のひ孫が生きているというケースがあるかもしれません。この場合には、ひ孫が第1順位の相続権を引き継ぐことになります。このように、第1順位では理屈上はどこまでも代襲が続くとされています。

代襲相続は相続人の順位を引き継ぐものですから、第1順位の子の代襲相続人がいれば、第2順位以降の人が相続人になることはありません。

第3順位の相続人の代襲相続

第3順位の兄弟姉妹が被相続人よりも前に亡くなっている場合、その兄弟姉妹に子がいれば、その子(被相続人の甥または姪)が代襲相続により第3順位の相続人の地位を引き継ぐことになります。第3順位では代襲は甥・姪までとされており、甥・姪の子がいても代襲相続はできません。

代襲相続が起こる場合

代襲相続が起こる典型的なケースは、本来の相続人が相続開始前に死亡している場合です。そのほかに、本来の相続人が欠格や廃除により相続権を失った場合にも、代襲相続が発生します。

欠格とは民法に定められている相続人の欠格事由に該当している場合です。たとえば、被相続人を殺害しようとした人や被相続人の遺言を偽造した人などは相続欠格となり、自動的に相続権を失います。

廃除とは、被相続人自らが生前に家庭裁判所に請求するか遺言で意思表示することにより、相続権を剥奪することです。被相続人に廃除された人も相続権を持たないことになります。

相続放棄しても代襲相続は起こらない

本来の相続人が相続放棄をした場合、その人はその相続に関しては初めから相続人とならなかったものとみなされます。相続放棄すれば、本来の相続人がそもそも相続人ではなくなったということですから、その下の世代が代襲することもありません。

たとえば、子が相続放棄した場合に、孫が代襲相続することはありません。この場合には、第1順位の相続人がいないことになりますから、第2順位の人に相続権が移ることになります。

養子縁組と代襲相続

被相続人の養子が亡くなっており、養子の子が生きている場合には、養子縁組の時期によって代襲相続するかどうかが変わります。被相続人と養子の子は養子縁組の日から血族となります。そのため、養子縁組後に生まれた子は代襲相続できますが、養子縁組前に既に生まれている子は代襲相続できないことになります。

関連記事

相続人・遺留分

民法における相続人とは

民法における法定相続人とは 民法は、相続人になる権利があるのは誰かについて定めています。民法によって定められている相続人なので、法定相続人という呼び方をすることもあります。 民法によるところの法定相続 ...

2018/06/19

相続人・遺留分

配偶者死亡の場合、誰が相続人になるのか

配偶者死亡、子ども有りの場合 配偶者死亡の場合でも、子どもがいるなら子どもが相続人になることができます。配偶者を別にすれば、被相続人の子どもは最上位の相続人です。他に被相続人の親や兄弟姉妹がいるとして ...

2018/06/18

相続人・遺留分

相続人を特定する方法とは?

被相続人の戸籍すべてを調べる必要性 相続人を特定するには、被相続人が生まれてから亡くなるまでの一生分の戸籍を集め、調べる必要があります。なぜなら、亡くなった時の家族が存在を把握していない相続人がいるか ...

2018/06/17

相続人・遺留分

法定相続人とは誰を指すの?法律で決められている相続人について解説

相続人についてのルール 相続人には、配偶者相続人(妻又は夫のこと)と血族相続人(血のつながりにより相続が認められている相続人のこと)があり、配偶者相続人は血族相続人と並んで常に相続人となりますが、血族 ...

2017/10/04

相続人・遺留分

遺産相続の順位を確認し、自分が遺産を受けられるかどうか確認しよう

法定相続人とは何か、まずは事前知識から 遺産相続の順位を知る前に、まずは法定相続人とはどういうものかを見ていきましょう。 遺産相続には、血族相続人および配偶者相続人の2種類があります。 このうち、配偶 ...

2017/10/03

相続人・遺留分

親などが亡くなったとき、兄弟でわける遺産相続の割合は?

残された家族に、被相続人の配偶者がいる場合、いない場合 たとえば父親が亡くなってもまだ母親がいる場合は、母親が遺産の半分を受け取ります。残りの半分を、兄弟で分割するという流れになります。兄弟が2人の場 ...

2017/10/03

Copyright© 相続メディア nexy , 2018 AllRights Reserved.